entry_cover1309-thumb-188x360-1647今日は、「東京かわら版」9月号より、話題を拾ってみたいと思います。

表紙は古今亭志ん輔師ですね。

・巻頭エセー「落語と私 私と落語」は内田樹さんです。
曰く、寄席に行かない落語ファンだそうで、それは昔から家と大学と合気道の道場以外に足を運ばなかった
からだと言う事でその癖がついてしまったそうです。
・今月のインタビューは古今亭志ん輔師です。
弟子になった頃はそれだけで目的が達した様な気分になり、あらゆる面で師匠の真似ばかりしていたそうです。
その時は何も言われなかったが、真打になって色々な事を言われる様になり。大変ありがたかったと……
弟子を持って判る事は如何に自分に弟子に伝えられる事が無いかを実感したことだそうです。
もう、師匠は亡くなってるから恩返しがしたくても出来無いので、その分噺を一つ一つ完成させて行く事だと
思いそして後輩達に自分が出来るかぎりの事をして恩返しをしたい。

・林家正楽による今月の紙切りは「夕立勘五郎」です。
出雲の太守、松平出羽守様の愛馬、夕立が暴れて街に出て、人を蹴り飛ばし大勢を傷つけていた。
これを拳固一つで殴り殺したところから、夕立の二つ名を持つ侠客、夕立勘五郎......。

三代目神田伯山の講談でおなじみの侠客伝。浪曲にも脚色されて、当代東家浦太郎も演じています。
これが落語になると、五代目古今亭志ん生師の得意演目で、訛る浪曲師が「夕立勘五郎」を語るという一席。
師匠はとことんディフォルメします。今では志ん輔が寄席でよく口演します。

・三遊亭兼好師のコラムは
洗濯の話で奥さんより上手なのだそうです。
・ホリイの落語狂時代は
前座さんが寄席でやるネタの一覧です。
最も多かったのは、1.子ほめ2.寿限無3.道灌4.牛ほめ5.たらちね、と続きます。定番ですね。
・本日のお題は 「英国密航」と言う噺で、浪曲の広沢瓢右衛門さんが有名とか……

ニュースとして、笑福亭松喬さんの訃報が載っています。

今月はこんなところで……
今日はこれを聴いて下さい

古今亭志ん輔 本名:大塚 英夫1953年9月25日生まれ、出囃子は『越後獅子』
1972年3月に3代目古今亭志ん朝に入門、前座名は朝助
1977年3月に二つ目に昇進。朝太に改名
。1985年9月に真打に昇進して志ん輔を襲名