img124今日は、本日来ました「東京かわら版」6月号から話題を拾ってみたいと思います。

表紙はご覧の通り扇辰師匠ですね。
今、一番乗ってる噺家さんとも言えますね。さすが「かわら版」ですね。

・私と落語は 舟木一夫さんです。 その昔、玉置さんとチャーリー脇野さんらと圓生師を呼んでお座敷で「妾馬」をたっぷりと演じてもらった事があるそうです。
日劇では志ん朝師と共演も数多くこなし、談志師ともTVでは共演があるとか。
この世代はラジオで落語を聴いて育った世代なので、落語に親しみは持っているそうです。

・インタビューは、もちろん入船亭扇辰師です。
珍しい噺に挑戦するのは「その方がお客様も喜ばれるし、寄席でも使ってくれるから」だそうです。
意外と計算高いと自身で語っています。まあ冗談ですが……
「茄子娘」で師匠の事を話しています。なんていい噺なんだと思ったとか。

弟子を取ってみて師匠の有り難さが良く判ったそうです。喬太郎師にも弟子を取る様に進めてるとか……

・若手の紹介は春風亭ぴっかり☆さん
正式には「ぴっかり☆」と☆が付くそうです。
その昔、歳のサバを読んでAKB48の第一期のオーデションを受けたそうですが落ちたとか、
受かっていたらどうなってたんでしょうか? 興味があります(^^)

・本日のお題は「鏡ヶ池操松影」で江島屋騒動です。
現在、志ん生師や今輔師で聞けるのは全体の噺の一部ですが、それでも聴き応えがあります。
残りも聞いてみたいですね。

・訃報は牧伸二さんが載っています。残念でした。

・堀井ちゃんのコーナーは「天狗裁き」のタイムテーブルですが、これ志ん生師や馬生師と米朝師とは噺が違うので無理があると思いますが、一応力技で比べています。

・芸協の真打披露の模様と、立川流の談修さんの真打昇進の記事が載っています。

・最後の「今月のお言葉」は圓歌師の「もう疲れちゃった」と言う言葉ですが、真に受けてはいけないとのこと。
先日の池袋の帰りでもお弟子さんが家に帰る様に説得してるのに本人は歓楽街の方へ行きたがっていたそうです。お元気です。

今月はこんな処で……
今日は入船亭扇辰師で「夢の酒」を聴いてください

入船亭扇辰 本名:川越 辰朗、1964年2月13日 生まれ、。出囃子は、「からかさ」 新潟県長岡市出身
1989年九代目入船亭扇橋に入門、扇たつ 1993年二ツ目に昇進。扇辰と改名 2002年真打に昇進