beicho_1今日はこのブログに寄せられた疑問について考えて見ました。

疑問と言うのは……
旦那が毎晩飲みに行き 帰って来れば
嫁と喧嘩になり じんべいさんみたいな人に
さとされ 面白い嫁になったらと言われ
妻がいろんな 芸をして 旦那が家に帰ると
嫁が 気が狂ったと じんべいさんに伝えに行く噺
なんですが 

と言う事なのですが、色々な文献や音源、速記等を調べたのですが、
一番最初に「口合小町」に似ていると思ったのですが、細部が違う様な気がして
保留と言う事で調べたり、ここのコメント欄にも「判る方は教えて下さい」と問いかけもしました。
その結果、やはり「口合小町」だと言う結論になりました。
幸い音源も提供して戴き、確認出来ました。

違いは茶屋遊びを酒飲みと言う箇所なのですが、まあ茶屋でも酒は飲むかなと思いまして……
下げも違いますが、この問は噺の途中ですので、違って当然だと思います。

今日は音源も公開しますので、確認して下さい。

一応これで、この質問の回答とさせて戴きます。

三代目桂米朝 1925年(大正14年)11月6日 - 出囃子は『三下り鞨鼓 重要無形文化財保持者