img099今日は昨日届いた、「東京かわら版」10月号より面白そうなネタを・・・・

まず表紙は11代目文治師ですね。只今披露興行中です。
表紙にもありましたが、「落語とわたし」は桃黒亭一門です。
この方達は何者?という方に説明致しますと、アニメ「じょしらく」のエンディングテーマを唄ってる謎のアイドル。
という事です。「じょしらく」とはTBS系列で放送されているアニメで、前座と二つ目らしき女の子が末広亭の楽屋でお話をする。というアニメです。
話題になったので、少し見ましたが挫折しました。らくご好きには耐えられない描写が多いので・・・・
で、先日鈴本でトリの後に登場して寄席のお客の前で披露目をしました。
どうもその楽屋でインアビューしたみたいです。
でこ八(赤)、腹ぺこり(黄色)、ぷに丸(ピンク)、ちび太(緑)、なめんな(紫)の五人組です。
皆さん、木久扇師や駿菊師に稽古を付けて貰ってるそうです。・・・もういいかな、この話題w

その「じょしらく」のDVDとブルーレイの宣伝も乗ってます。買わないけどね。

インタビューは11代目文治師です。
お爺さんがお神楽をやっていて農閑期は芸人だったとか、小三治師か文治師か弟子入りするのに迷ったとか、
色々な事を話しています。
面白かったのは、高校生の時に小南師の「転矢気」をそっくり覚えてあちこちでやっていたそうです。
後にプロになり、小南師に本当に「転矢気」を稽古付けて貰って、すでに覚えているので、すぐに上げてもらいに行ったら、あまりにも早いので驚かれたそうです。

いつもの様に兼好さんの連載コラムもあります。兼好さんの娘さんは面白そうですね。

若手の紹介は春風亭朝也さん一朝師のお弟子さんです。
一朝師は稽古を付ける時は口伝だそうです。
昔通りだとか・・・書いたものは渡さ無いんだそうです。

地域寄席の紹介は、川越の蓮馨寺さんです。窓里さんとしん八さんがレギュラー出演している「蓮馨寺落語会」が開催されるそうです。

ネタの紹介「本日のお題」は講談の「ボロ忠」です。これは講談「天保水滸伝」の一節だそうです。

ニュースは、芸協の「夏の研鑽会」と米朝ロボットの話題です。

それから広告で、小三治師の「落語研究会・柳家小三治、落語大全」上が出ます。
10枚組ですね。上というからには下も出るのでしょうね。
演目は、1.提灯屋、長短、錦の袈裟、2,宗論、猫の皿、猫の災難、3,景清、禁酒番屋、4,付き馬、鼠穴
5,青菜、出来心、6,馬の田楽、欠伸指南、7,味噌蔵、意地くらべ、8,富久、寝床、9,居残り佐平次、富久
10,明烏、備前徳利、となっています。値段は¥39900です。12月12日発売です。

堀井ちゃんのコナーは、不動坊のパターン分析です。
誰々はここまで何分だったとかです。

演芸の時間は、今月は出門みずよさんですが、枝雀師の息子さんの前田一知さんが落語をヤッたという話で、それが素晴らしい出来だった、という事です。
新宿、道楽亭「桂九雀の落語道楽」にゲストで出演して「御公家女房」「くしゃみ講釈」の2席を演じてそれが素晴らしかったそうです。是非聴いて見て欲しい、と書かれていますが、この方プロじゃ無いのでしょ?
どうやって聴くんだろう?・・・調べたら音楽家だったのですね・・・知りませんでした。

最後のページの「今月のお言葉」は三遊亭金遊師です。
長井好弘さんはこの方を小三治師に似ていると言ってますが、なるほど、言われるまで気が付きませんでしたが、確かに似ているかもしれません。
芸は似てませんけどね。
長井さんは褒めてますが、私に云わせると、水っぽいというか、お澄ましなら塩味が薄い感じですね。
その淡々とした感じも良いのでしょうが、個人的にはもう少し濃いほうが好きですね。

それから、雷門花助さんが来年真打昇進だそうです。年数的には、確か早いと思いますね。抜擢ですね。
芸協も落協に対抗しましたかね?
まあ、彼は芸協の二つ目の中でも頭ひとつ出ていますからね。
今日は11代目を襲名した文治師を聴いてください

11代目 桂 文治 、1967年8月25日生まれ、出囃子は『武蔵名物』、前名は2代目桂平治
1986年4月、10代目桂文治に入門、桂がた治、1990年6月、二ツ目昇進、2代目桂平治を襲名。
1999年5月、同名で真打昇進。2012年11代目桂文治を襲名