はじめに・・・昨年の1月9日にブログを休みまして、それ以来一年間は毎日更新しようと思い、続けてきました。
あまり面白くない記事ばかりで、訪問してくださる方には申し訳ありませんでしたが、何とか皆様のコメントや閲覧のお陰で続ける事が出来ました。ここに改めて御礼申し上げます。
これからも宜しくお願い致します。m(_ _)m
P2060609今日は、左甚五郎の噺で落語ではおそらく最後の噺になる「ねずみ」です。

名工・左甚五郎は、十年も江戸・神田橘町の棟梁・政五郎の家に居候の身。
その政五郎が若くして亡くなり、今は二代目を継いだせがれの後見をしています。

ある年、まだ見ていない奥州・松島を見物しようと、伊達六十二万石のご城下・仙台までやってきました。
十二、三の男の子が寄ってきて、ぜひ家に泊まってほしいと頼むので承知すると、
うちの旅籠は鼠屋(ねずみや)といって小さいが、おじさん、布団がいるなら損料(そんりょう)を払って借りてくるから、二十文前金でほしいと、言います。

なにかわけがありそうだと、子供に教えられた道を行ってみると、宿屋はなるほどみすぼらしくて、掘っ建て小屋同然。
前に虎屋という大きな旅籠(はたご)があり、繁盛しています。
出てきた主人、うちは使用人もいないから、申し訳ないが、そばの広瀬川の川原で足をすすいでほしい
と言うから、ますますたまげます。
その上、子供が帰ってきて、料理ができないから、自分たち親子の分まで入れて寿司を注文してほしい
と言い出したので、甚五郎は苦笑して二分渡す。

それとなく事情を聞くと、このおやじ、卯兵衛(うへえ)といい、もとは前の虎屋のあるじだったが、
五年前に女房に先立たれ、女中頭のお紺を後添いにしたのが間違いのもと。
性悪な女で、幼いせがれの卯之吉をいじめた上、番頭の丑蔵と密通し、たまたま七夕の晩に卯兵衛が、
二階の客のけんかを止めようとして階段から落ちて足腰が立たなくなり、寝たきりになったのを幸い、
親子を前の物置に押し込め、店を乗っ取ったと、いうのです。

卯兵衛は、しかたなく幼友達の生駒屋(いこまや)の世話になっていたが、子供の卯之吉が健気(けなげ)にも、
このままでは物乞いと変わらない、おいらがお客を一人でも連れてくるから商売をやろう
と訴えるので、物置を二階二間きりの旅籠に改築したが、客の布団も満足にないありさま。

宿帳から、日本一の彫り物名人と知って卯兵衛は驚くが、同情した甚五郎、
一晩部屋にこもって見事な木彫りの鼠をこしらえ、たらいに入れて上から竹網をかけると
「左甚五郎作 福鼠 この鼠をご覧の方は、ぜひ鼠屋にお泊りを」
と書いて、看板代わりに入口に揚げさせ出発した。

この看板を見た近在の農民が鼠を手にとると、不思議や、木の鼠がチョロチョロ動く。
これが評判を呼び、後から後から客が来て、たちまち鼠屋は大繁盛。
新しく使用人も雇い、裏の空き地に建て増しするほど。
そのうち客から客へ、虎屋の今の主人・丑蔵の悪事の噂が広まり、虎屋は逆にすっかりさびれてしまう。

丑蔵は怒って、なんとか鼠を動かなくしようと、仙台一の彫刻名人・飯田丹下(いいだ・たんげ)に大金を出して頼み、大きな木の虎を彫ってもらう。
それを二階に置いて鼠屋の鼠をにらみつけさせると、鼠はビクとも動かなくなった。

卯兵衛は「ちくしょう、そこまで」と怒った拍子にピンと腰が立ち、江戸の甚五郎に
「あたしの腰が立ちました。鼠の腰が抜けました」と手紙を書いた。
不思議に思った甚五郎、二代目政五郎を伴ってはるばる仙台に駆けつけ、
虎屋の虎を見たが、目に恨みが宿り、それほどいい出来とは思われない。

そこで鼠を「あたしはおまえに魂を打ち込んで彫ったつもりだが、あんな虎が恐いかい?」
としかると、「え、あれ、虎? 猫だと思いました」

前にも書きましたが、三代目三木助師が、浪曲師の広沢菊春師に「加賀の千代」と交換にネタを譲ってもらい、脚色して落語化したものです。
「甚五郎の鼠」の演題で、昭和31年7月に初演しました。

「竹の水仙」「三井の大黒」ト並んで甚五郎三部作とも言われています。
音源は現役の歌丸師で聴いてください。