過去5回に渡って荒川について書いて来ましたが、いよいよ今回で最後です。
かなり私的になって仕舞いましたが、個人のブログと言う事でご勘弁戴きたいと思っています。
さて最後は、開削後の風景を愛した人々についてです。
img059開削後の荒涼とした風景を最も愛したのは、永井荷風です。
彼は荒涼とした荒川を何度も訪れ、随筆「放水路」を表しています。特に荒川と綾瀬川にはさまれた中土手と呼ばれる所を訪れて散策し、スケッチ等も残しています。
彼は「盧萩と雑草と空との外、何物も見ぬこと、人と合わぬ事が良い」と語っていたそうです。
このスケッチは、「断腸亭日記」に書かれた挿絵です。昭和7年1月22日だそうですが、私が幼い頃見た景色と殆ど変わっていませんね。それだけ何も無かったのです。



他にも、鏑木清方、岡本かの子、田山花袋、や漫画家の滝田ゆうが作品を残しています。
img062これは清方の「葛西橋放水路河口」です。荒涼とした感じがよく出ていますね。
このように以前とは違う景色が生まれましたが、それを愛した人々も大勢生まれたと言う事ですね。
また、映画などでは「東京物語」や「下町の太陽」、近年では「3年B組金八先生」等が荒川とその周辺を舞台としています。

最後に、江戸期以前、長禄年間(1457-60)に書かれた、江戸の地図を貼り付けたいと思います。
かなり拡大しますので、是非拡大して御覧ください。
当時からあった村や地名、又家康入府以前の街道の様子等や整備される以前の河川の様子等、
かなり大雑把ですが昔を思うと楽しいと思います。「この川はこの頃からあったのだ!」なんて発見がありますよ。(^^)
img061最後に、出来の悪いレポートでしたが、最後まで御覧戴き、有難う御座いました。
今回の「人々の暮らし」はひとつにまとめようと思ったのですが、長くなるので分割し二回に分けました。
今後、何かありましたら、また地元の歴史について書いてみたいと思います。