o0800060011295734596昨日は又、浅草に行きました。正直用事が貯まってて、寄席どころじゃ無いのですが、新聞屋が集金のついでに27日までしか無い招待券、それも昼の部。を持ってきました。
寄席フェチの自分としては万難を廃しても行かなければなりません!(どんな奴だよ!)
で、朝の5時から用事を片付け午後に時間を作りました。
それでもやや遅れて着いたのは、仲入りの小柳枝師の処でした。と言うよりやっと間に合ったと言う感じですね。

演目は年末にふさわしい「掛取り」です。酒屋の番頭が芝居掛かりになる処が良かったですね。
下座の師匠も大活躍でちょっと本寸法でした。
昔、芝居を見られない人が寄席で雰囲気を味わったと言うのが判る様な高座でした。
これだけでも来たかいがありました。

wモアモアの漫才のあとは、夜席と交代で平治師でなんと「代書屋」これは権太楼師の代書屋と同じで、権太楼師より、”湯川秀樹”さんの壊れっぷりが半端無かったですね。

次が遊三師で久々の「パピプペポ」前はよく聴きました。
俗曲の美由紀さんが色っぽく喉を聴かせてくれました。
「墨田区在住の芸人です」と必ず自己紹介します。

トリは金遊師で「大工調べ」でした。
夏の「禁演落語会」でトリで「品川心中」を聴きましたが、じっくり聴くのはそれ以来です。
癖が無い話し方で、少しトボけた味がありますが、正直少し水っぽいです。
薄いと言うか、物足りない感じですね。
それに与太郎が足りないと言うより、のんびりした若者と言う描き方でしたね。
これは始めてかも知れません。

昼の部が終わって続きも見るぞ!と思ったら、なんとお客さんから電話。
来年そうそうの新年会の打ち合わせに後で来ると言う・・・休みだからと断れないのが零細企業の辛い処です。
でここで帰ってきました。
しかも、お客さんは中学の先輩ですからね・・・(^^)
今日の音源は私が聴き直しに聴いた志ん生師で