35_20090327124535今日は「居酒屋」の元になった「ずっこけ」です。今は雲助師匠がよく聴かせてくれます。金馬師が先代ゆずりの「居酒屋」を高座に掛けるので、二人が出る席ではこれらの演目は余り出ませんね。

飲み屋が店をしまう時間なのに、熊さんは酔っ払って動こうとしない。店の小僧が看板だというと、熊さんがもう一本だけ飲んだら帰るというので、小僧はとっくりを一本持ってくる。その一本を飲みながら、きれいな女に酌をしてもらいたいと言ったり、洒落を言ってもわからないと文句を言ったりする熊さんに、小僧はうんざりしている。
そこに客が入ってきたので、小僧が「もう看板だから」と断ろうとすると、熊さんを迎えに来たという。男は仕事の話があると熊さんを連れて出ようとするが、勘定をしろというと熊さんはお金を持っておらず、そのうち援軍が来ると思って飲んでいたという。男は仕方がなく自分が払う。
店を出たはいいが、すっかり酔っ払った熊さん、薬屋の仁丹の看板の男に挨拶したり、あげくの果てには立小便も自分でできず、男に手伝ってもらう始末。家に着いたとたん、熊さんの嫁に文句を言う。熊さんの嫁もしょうがない男だとぼやくが、それでもいいところがあるとのろけだすので、男はあきれる。
いざ寝かせようとすると、着物だけで中身が無い、探しに行くと途中で裸でねていた。
やっとの思いで連れて帰ると嫁さんは大喜び、「何処で寝ていたの」「郵便局の前だ」「あんなに人通りの多い所でよく拾われなかった。」

この噺の前半部分の居酒屋の小僧さんに絡む下りを広げて新しいくすぐりを沢山入れたのが、「居酒屋」です。
こちらの方が有名になって仕舞いましたが、私はこちらも好きですね。どうしようも無い酔っぱらいの描写が楽しいですね。途中で落として来る処なんぞ、最高ですね。(^^)

各地で沢山の雨が降り、一気に肌寒くなりました。
こうなると、熱燗もいいですねえ。
もうすぐ、秋刀魚や秋の味覚も店頭に並ぶでしょう、おいしい秋はもうすぐそこですね。(^^)
動画は柳枝師で、