今日は仕事は休みです。
勤め人と違って雑用はありますが、基本休みです。
雑用をこなしながら、フジ特選落語会の二回目を見ました。
第一回は鳳楽師の「掛取り」でした。
以前フジポッドで流れた「干物箱」よりは出来が良かったですねえ。
独自のくすぐりも結構有ったし、
芝居の処が圓生師とは違っていましたね。
でもあそこは圓生師のドブ板を花道に見立てて
「おなぁり~」としていた方が
面白かったですねえ。
もしかしたら下座さんが居なかった?
あるいは円楽党は寄席の下座さんとは違うので、
呼吸などが分からないのかな?
そこが惜しかったですね。

今日の圓丈師の「落語紙芝居」はウワサには聞いた事がありましたが、
映像はもち論、兎に角見たり聴いたのは初めてでした。
圓丈師らしくて笑いました。
自分の客でなくとも自分のペースに巻き込むのはやはり寄席体験の差
でしょうかね?まあ、さすがですねえ。
次も面白そうですね・・・
予告ではなんかきな臭い話もありそうですしね。

夜は「真打競演」でぴろきさんと小柳枝師「妾馬」を楽しみました。
「八五郎出世」と言ってましたが、
NHKのHPでは「妾馬」となってました。
良かったですが、生だったらとても
良い出来だったのでは無いでしょうか。
小柳枝師は目線の使い方や仕草が芝居を思わせる噺家さんです。
音だけでは師匠の良さは半減してしまうと思います。
それでもあれだけ聴かせるのですからねえ~

次なにうpするか思案中です・・・お楽しみに