はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

今日はね、ちゃんとやりますよ! あたしは

「真田小僧」という噺

src_14078016『真田小僧』
今日はこの噺です。何回か取り上げていると思いましたが、やってないみたいなので取り上げます。
芋も出て来るので秋の噺としました。
【原話】
講釈の「難波戦記」から出来た上方落語「六文銭」です。それを三代目柳家小さん師が東京に移したものと言われています。噺そのものは東西ともほぼ同じです。

【ストーリー】
親をへこましてばかりの金坊。父親に小遣いをせびり、
駄目だと言われると、おとっつぁんの留守に家に男の人がやって来て、母親が喜んで家に上げていた。と言ったので父親はついつい気になり、
話がとぎれる度に、もう一銭、もう一銭と追加を取られ、最後はいつも来る横丁の按摩さんだった」と言って、外へ駆け出して行ってしまった。
子供が逃げていってしまうと、
夫婦で、末恐ろしい餓鬼だ、今に盗賊になるかも知れないと、嘆くことしきり。

最近寄席ではここで切ることが多いです。その節には母親が金坊と父親のやり取りを聞きたがるので
「そんなに聴きてえか? ならお前も一銭出せ」
 と落とす事が多いです。本来はその後があり、

 それに引き換え、あの真田幸村公は、栴檀は双葉より芳し、十四歳の時、父真幸に付いて、天目山の戦いに初陣した折りに、敵に囲まれて真幸が敗北の覚悟をした時、倅の幸村が、自分に策がありますと申し出て、敵の松田尾張守の旗印である永楽通宝の六連銭の旗を立てて、敵陣に夜襲をかけ、混乱させて同士討ちを誘い、見事に勝利を納めたという。それ以来、真田の定紋は二ツ雁から六連銭になった
 という故事を父親が母親に話し、あいつは幸村どころか、石川五右衛門になるかも知れない。と言っているところに帰って来た。
いつの間にか聴いていて、
「おとっつぁん、六連銭ってどんな紋?」
「いいか、こういうふうに二列に並んでいるんだ」
「どういう風に二列なの」
 いくら言っても判らないので本物のお金を出して説明すると
「あたいにもちょっと貸して。なるほど」
 そう言って銭を数えるふりをして、お金を取って逃げていく。
「あっ、またやりあがった。おい、それを持ってどこへ行くんだ。寄席でも行くのか」
「今度は焼き芋を買ってくるだい!」
「ああ、いけねえ うちの真田も薩摩へ落ちた」

【演者】
やはり三代目金馬師や六代目圓生師ですかねえ。もちろん志ん生師を始め色々な噺家さんが演じています。個人的には志ん朝師が良かったですね。
今でも寄席や落語会で多く演じられています。

【注目点】
今、寄席などで演じられている途中で切るやり方では、何故「真田小僧」なのか判りません。たまにはちゃんと最後まで聴きたいですね。

『能書』
真田三代記は元禄時代の歴史小説で、これや難波戦記を元にして「真田十勇士」が生まれました。
六連銭(ろくれんせん)は、家紋の一つで六枚の銭を図案化したもの。真田家の家紋として知られる。六文銭とも言います。圓生師は「りくれんせん」と言っていましたね。

『ネタ』
噺家の符牒で「六」のことを「さなだ」というのは真田家の家紋の六文銭からだと言われています。

「紙屑屋」という噺

05ee337a『紙屑屋』
 これも秋の噺とは限りませんが、そこはまあ……。
 ちなみに上方では「天下一うかれの屑より」と言います。

【原話】
林家蘭丸作と言われています。1861年の桂松光の根多帳「風流昔噺」に既に載っているそいるそうです。また圓朝全集にも「紙屑のよりこ」として載っています。

【ストーリー】
道楽のし過ぎで勘当され、出入り先の棟梁のところへ居候している若旦那。しかし、まったく働かずに遊んでばかりいるため、居候先の評判はすこぶる悪い。とうとうかみさんと口論になり、困った棟梁は若旦那にどこかへ奉公に行くことを薦めた。
「奉公に精を出せば、それが大旦那様の耳に届いて勘当が許されますから」
さて、若旦那が行かされた先は町内の紙屑屋(現在で言うところの古紙回収業)。早速いろいろとアドバイスを受け、主が出かけている間に紙の仕分けをやらされる事になった。
「エート・・・。白紙は、白紙。反古は、反古。陳皮は陳皮。エー・・・」
早速仕事をやり始めるが、道楽していた頃の癖が抜けずに大声で歌いだしてしまいなかなか捗らない。
挙句の果てには、誰かが書いたラブレターを見つけて夢中になって読み出してしまった。
一度は正気に戻って仕事を続けるが、今度は都々逸の底本を見つけて唸り出してしまう。
また正気に戻って仕事を続けるが、今度は義太夫の底本を見つけ、役者になった気分で芝居の真似事を始めてしまった。そこへ主が帰ってきて
「何をやっているんですか? まったく、貴方は人間の屑ですねぇ・・・」
そう云われて若旦那は
「屑? 今選り分けているところです」

【演者】
現役では、林家たい平師や鈴々舎馬桜師、林家正雀師も演じています

【注目点】
若旦那ものですが、「湯屋番」と同じような構図ですね。
こちらは、芸達者な噺家さんがやると面白いです。
江戸時代はリサイクル社会ですので、あらゆる物が再利用されていました。
紙等はその最たるもので、屑屋さん----古紙問屋-----漉き返し業者、と流れて行きました。
この噺はその真中の業者での出来事です。
『能書』
上方落語では『天下一浮かれの屑より』という演目で、もちろん音曲が豊富に入っています。東京で音曲が噺に入るのは限られているので、余り掛からないのもその辺に原因が有るのかも知れません。
この紙屑の山から色々な本を見つけては、一人で白日夢を見ている若旦那です。
上方のタイトルの「天下一」とは、クズの山から出てきたサイコロで遊んでいるうちにこの目が出て、「総取りや!」とせっかくより分けたクズをかき寄せる落ちが使われていたことに由来しているそうです。

『ネタ』
噺の中で、「からす」と言うのは真っ黒になった紙ですね。これは思に手習いの処で仕様された半紙等で、当時は真っ黒になるまで練習して使っていました。
「チンピ」とは陳皮の事でミカンの皮です。
「せんこうがみ」とは「線香紙」と書き、煙草の空き箱のことで「浅黄紙」とも書きます。
ここの処だけは明治期に変えられたそうです。煙草の空き箱は明治以降だからです。

「首ったけ」という噺

17512f2c『首ったけ』
今日はこの噺です。

【原話】
四代目三遊亭円生師の(1904年没)作といわれています。古い速記では、大正3(1914)年の四代目円蔵師のものがあります。
 他の説では1782年の「富久喜多留」の「逃げそこない」とも言われています。

【ストーリー】
 辰つぁんの相方の紅梅花魁が、回しを取られて、何処かのお大尽と、どんちゃん騒ぎをしています。
若い衆を呼んで騒がしくて寝られないから帰ると文句を付けます。
敵娼(あいかた)の紅梅花魁がなだめに入ったが、売り言葉に買い言葉、見世を飛び出してしまいました。
大引け後だったので、真っ暗で帰るに帰れません。向かいの見世に明かりが見えたので頼むと、明日、よりが戻って向かいに帰られると立場がないと言われて仕舞います。
二度と行かないからとの約束で上がると、敵娼(あいかた)の若柳花魁は前から辰つぁんの事を気にかけていたからと、充分の接待をして帰した。毎晩のように通うようになったが、行けない日がありました。
今晩は行こうと思っていると、昼頃、吉原か火事が出ました。若柳花魁を助けようと思って飛んで行ったのですが。
表からは人だかりで入れないので、裏のお歯黒ドブに回ります。花魁達は化粧気もなく慌てて走って来るが、煙に巻かれて右往左往している始末。
そこに数人の花魁が駆けて来たのですが、跳ね橋から一人が落っこちて、真っ黒く汚いお歯黒ドブにはまって仕舞います。
直ぐに脇の下まで潜ってしまいもう大変。
「助けてよ〜!!」と金切り声を上げた。みんなで助けてやれ、と手を出すと、何とそれは喧嘩別れをした、紅梅花魁でした。
「夜中俺をおっぽり出したやつなんか助けねぇ」
「辰つぁん! 早く助けておくれよ。もう首まで来たからさぁ」
「そんな薄情なやつは助けねぇ」
「そんな事言わないで! もう、首ったけなんだから」

【演者】
戦後はこれはもう、二代目円歌師がたまに演じたほかは、志ん生師の、ほぼ一手専売でした。
どうも、志ん生師、円歌師とも、初代小せん師(盲の)の直伝だと言われています。
志ん生師の後は、馬生師、志ん朝師が受けぎました。
いまでは、寄席では余り高座に掛かりませんが、落語会等ではたまに演目に見られます。

【注目点】
この噺のマクラに使われるのが「蛙の遊び」という小咄で、蛙が揃って遊びに来て、女郎を品定めするのですが、そっくり帰って立ってる為に目が後ろになっており、向かいの見世の女郎を品定めしていたというオチです。

『能書』
旧吉原遊郭は、明暦の大火(1657)によって全焼してしまいます。
丁度その頃移転の計画があったので、日本橋から浅草日本堤に移転しますが、その後も明治維新までに平均十年ごとに火事に見舞われ、その都度ほとんど全焼しましたそうです。
昔は何より(今でもですが)火事が怖かったので、逃げるのには必死になりますね。
明治以後は、明治44(1911)年の大火が有名で、六千五百戸が消失し、移転論が出たほどです。
火事の際は、その都度、仮設営業が許可されましたが、仮設というと不思議に繁盛したので、廓主連はむしろ火事を大歓迎したとか。


『ネタ』
正直、「首ったけ」と言う表現はもう死語になったかと思っていたのですが、
最近のアニメ等にも使われていて、死語じゃ無かったと思い直しました。(^^)

「辰巳の辻占」という噺

359d258c『辰巳の辻占』
今日は「辰巳の辻占」です。秋の噺かは余り良く判りませんが、まあそこは……。

【原話】
元話は、宝永2年(1705)刊の初代露の五郎兵衛師が書いた「露休置土産」中の「心中の大筈者」と言う話です。
これが「辻占茶屋」と言う上方落語になりまして、明治の頃に東京に移されまして「辰巳の辻占」となりました。
お内容な趣向の噺に「星野屋」がありますが、これはれっきとした江戸落語です。

【ストーリー】
 道楽者の猪之助が、おじさんのところに金の無心に来ます。辰巳(深川)の静という女郎に首ったけで、どうしても身請けをして女房にしたいが、三百円の金が要るという。
 つい今し方猪之助の母親が来て、さんざん泣いて帰ったばかりなので、その手前、説教はしてみたものの、このおじさん、若いころ少しはその道に覚えのある身で、言って聞かせても当人がのぼせていて、どうにもならないと見て取ると、金を出す前に女の料簡を試してみろと、一計を授けます。
 翌日、猪之助がいやに深刻な顔で見世に現れます。
「どうしたの」
「実は借金が返せねえので、おじさんの判をちょろまかして金を融通したのがバレて、赤い着物を着なくちゃならねえ。この上は、死ぬよりほかないので、別れに来た」
「まあ、おまはんが死ぬなら、あたしも一緒に」
 行きがかり上、そう言うしかしかたがない。
「それでいつ?」
「今晩」
「あら、ちょいと早過ぎるワ。日延べはできないの」
「できない」
 ……しまったと思ってももう遅く、その夜二人で大川にドカンボコンと身を投げることになってしまいました。
 吾妻橋まで来て、二人でやりあっても拉致があきません。静の方はいやいやながらなので、南無阿弥陀仏ひい〜のふう〜のみと数えても飛び込みません。少し離れた処で、南無阿弥陀仏と声だけはやたら大きく、身代わりに石を川へドボーン。
 男の方は、その音を聞いててっきり静が飛び込んだと思い込み、大変なことをしでかしたと青くなる。
「どのみち、オレは泳げねえ、ぢいいち仕組んだおじさんが全部悪いんだから」
 ……どうしようかと迷ううち、こちらも石があるのに気が付いて、
「……えい、そうだ。静、オレも行くからな……。悪く思うなよ」
 やっぱり同じように身代わりに、石をドボーン。
 静はこれを聞いて、
「あーら、飛び込んだわ。あの馬鹿が。あー寒い。帰ろうっと」
 両方がそろそろっと、練れて寒さに震えながら戻ってくると、見世の看板の行燈の前で、バッタリ。
「あっ、てめえ、静」
「あーら、猪之はん。ご機嫌よう、お久しぶり、
「何が『お久しぶり』だ!」
「だって〜娑婆(しゃば)で会って以来じゃないか」

【演者】
歴代の名手に、4代目圓喬師、3代目三木助師や10代目馬生師等がいます。上方では文枝師が良かったですね。

【注目点】
噺の設定で、猪之が無人に当たり、大金が入ったので、静がその金をよこす様に云う設定もあります。
相方の名は「お玉」とも「紅梅」とも替ります。

『能書』
辻占とは、「辻占菓子」の事で、せんべい、饅頭などの中に、恋占いのおみくじを入れたもので、
遊里の茶屋などのサービス品でした。
今だとフォーチュンクッキーですね。

『ネタ』
オチの言葉は遊里の里言葉で、「久しぶり」の意味があります。
世間を娑婆に見立てての言葉です。
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
プロフィール

hajime

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ