はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

今日はね、ちゃんとやりますよ! あたしは

「幇間腹」という噺

86286f9d-s『幇間腹』
今日はこの噺です。

【原話】
原話は、安永9年(1780年)年に出版された笑話本『初登』の一編である「針医」だそうです。
元々は上方落語の演目で、主な演者には2代目柳家小さんや5代目古今亭志ん生師等がいます。
そのせいか古今亭一門と柳家一門の噺家さんが多く掛ける様です。

【ストーリー】
あらゆる遊びをやりつくした若旦那が思いつた究極の遊びがなんと針治療の遊び!
さて、相手がいない・・・どうしよう、猫や壁、枕じゃ物足りない、人にやってみたいなあ〜と考え
思いついたのが、幇間の一八。
思いつかれた方はたまりません。一旦は断るのですが、針一本につき祝儀を弾むと言う。
おまけに羽織もこさえてくれると言う条件にしぶしぶ了解しますが、これが大変な事に・・・・

【演者】
やはり志ん生師ですかねえ……。

【注目点】
この針を打つシーンをやりすぎるとお客が引いてしまうので、加減が難しいそうです。

『能書』
その昔黒門町がこの演目を取り入れ様として甚五郎を名乗っていた志ん生師が黒門町に来てくれて随分稽古したそうですが、なかなかモノにならないのでついに諦めたとか。
でも黒門町の「幇間腹」聴いてみたかったですね。

『ネタ』
鍼医術の一派で、天和2(1682)年、
盲人の杉山和一が幕命を受け、鍼治講習所を設置したのが始まりで、
江戸をはじめ全国に爆発的に普及しました。
それ以来鍼医は盲人のものとされました。

「二階ぞめき」という噺

be546a9f『二階ぞめき』

【原話】
原話は、滝亭鯉丈が延享4年(1747年)に出版された笑話本「軽口花咲顔」の一遍である「二階の遊興」です

【ストーリー】
とあるお店の若旦那・幸太郎は吉原通いが大好きで、毎晩遊びに行っているため生真面目な親父はカンカン。
 とうとう勘当するなどと大騒ぎになり、困った番頭は幸太郎に意見をしに行きます。
幸太郎の返事は、「あくまでも吉原遊郭の雰囲気そのものなので、吉原がこっちに来れば遊びに行かない」
なんてこった・・・・orz
 唖然となった番頭でしたが、「この要求を呑めば二度と夜遊びはしない」と聞き、
これもお店のためだと二階を吉原そっくりに改造して”ひやかし”ができるようにしてしまいます。
 腕のいい棟梁にわざわざ吉原の研究をさせ、作り上げた『ミニ吉原』は本物そっくり。
大喜びした若旦那は、わざわざひやかしルックに着替えてイソイソと二階に上がっていくのですが、誰もいない。
 考えた若旦那は、人のいなくなった大引け過ぎという設定で、一人でお芝居をし始めます。
 張り見世の女郎に声をかけられ、登楼を断ろうとするとそこに花魁が登場。
 そのまま花魁と口論になり、慌てて止めに入った他のお客とくんずほぐれつの大ゲンカ…という場面を一人三役で大熱演。
「吉原(なか)で殺されるなら本望だ! この野郎、さあ殺せ!!」
 あんまり二階が騒がしいので、変に思った親父が定吉に様子を見に行かせます。
 二階に上がってみると、灯りが煌々とついてとても部屋の中とは思えない。頬っかぶりをした変な奴がいるので、泥棒かと思ってよく見るとこれがなんと若だんな。
「ねえ、若だんな」
 呼んでも夢中で耳に入りません。
「何をしやがる。後ろから小突きやがって…。
 なんだ、定吉か。悪いところで会ったな。
「そうだ、ここで俺に会ったことは、内緒にしろよ」


【演者】
この噺はもうね、志ん生師です。志ん朝師も父親の噺の中では一番と言っていました。
最近は馬桜師や、かっては談志師も演じましたが・・・正直、志ん生師には追いつていません。
喜多八師が存命の頃「ぞめき」と言う題名で演じていました。現役では小満ん師でしょうね。
新作で、柳家小ゑん師が「アキバぞめき」を作り演じていますが、これは絶品!です。
機会があったら聴いてみてください。

【注目点】
吉原に若旦那が出かける服装ですが、これも決まりがあったとか
1.古渡唐桟(こわたりとうざん) を着用
2.着物は必ず袂を切った平袖にします。これは喧嘩の為だそうです
3.必ず「七五三の尻はしょり」をする
4.最後に、手拭で頬かむりをすれば準備完了
 だから若旦那は頬かむりをしていたのですね。

『能書』
「ぞめき」とは「騒」と書き、古い江戸ことばで、大勢でわいわい騒ぎながら歩くことです。
そこから転じて、おもに吉原などの遊里を、見世に揚がらずに、女郎や客引きの若い衆を
からかいながら見物するという意味になりました。
要するに、”ひやかし”の事ですね。

『ネタ』
それにしても、この改築費用はいくら掛かったのでしょうねえ。
パノラマだったのかしら、そっくり再現としたらどの位広い家なんでしょうね。(^^)
そんな事を考えてはいけません。
落語でないと出来ない噺ですね。

「やかん」という噺

6f00422d『やかん』
今日はこの噺です。調べて見ると秋の噺だそうです。

【原話】
原話は、明和9年(1772年)に刊行された『鹿の子餅』の一遍である「薬罐」という話です。

【ストーリー】
この世に知らないものはないと広言する隠居。
長屋の八五郎が訪ねるたびに、別に何も潰れていないが、愚者、愚者と言うので、一度へこましてやろうと物の名の由来を次から次へと訪ねます。
ところが隠居もさるもの、妙てけれんなこじつけで逃げていきます。
色々な事を聞いたのですが、中々埒があかないので、とうとう薬缶の由来について訪ねます。
少々戸惑った隠居でしたが、ひらめくと滔々と語ります。
 やかんは、昔は軍用に使い、本来は水沸かしというべきもので、もっと大きかった。
 戦の最中大雨の夜、油断をして酒に酔っていると、突然の襲撃に、夜討ちでござる、夜討ちだぁと叫んでみんな大慌て。
 具足を付けたまま寝ていたひとりの若大将が、ガバッと跳ね起きたが兜がない。近くにあった大きな水沸かしの湯を空けて頭に被ると、馬の蹄を蹴立てて敵陣に切込む。敵方は雨のように矢が射るが、当たっても矢がカーン、当たっても矢カーンと跳ね返される。それでやかんという。また、熱いまま被ったので蒸れて毛がすっかり抜けてしまい、それから禿頭をやかん頭という。
 ツルは顎紐に、蓋は口にくわえて面の代わり、口は敵の名乗りを聞くための耳だ、
耳が下を向いているのは雨が入らないように。
 どうして耳が片方しかないんだい?
 片方がないのは、寝る時に枕をあてるため……。

【演者】
三代目金馬師や六代目圓生師をはじめ多くの噺家さんが演じています。

【注目点】
実は余り言われていませんが、「根問」というのは上方落語の題名で、江戸落語ではこのように誰かに聴く噺でも「根問」という題名はつけられていません。
この噺とか「千早振る」などもついていませんね。そのあたりを考えると面白いです。

『能書』
落語には「根問いもの」と呼ばれるジャンルがあります。
大抵は、八五郎が隠居の処に行き、色々な事を聞くという設定です。
問われた隠居は、、実は知らないのにさも知っていたかのように話すという具合です。
代表的な噺に「千早ふる」「浮世根問」「商売根問」それに「恋根問」なんてのもあります。それから「絵根問」なんてのも有るみたいです。(勿論、聴いたことはありません)

『ネタ』
その昔は知ったかぶりをする人を「やかん」と呼んだそうです。落語以外では聞いたことありません。ホントかしら?

「だくだく」という噺

016fa7b9-s『だくだく』
今日はナンセンス落語の代表とも言えるこの噺です。
実は結構好きな噺なんです。

【原話】
1773年「芳野山」の「盗人」が元
上方では「書割盗人」

【ストーリー】
八つあんの家は貧乏で家に何もない
なので、絵を書く先生を呼んできて、家に家具やらなんやらの絵を壁に書いてもらう
その夜、泥棒が入ってきて、取るものが何もないのでがっかり。
家に入って何も取らずに帰るのも泥棒の名折れなので、すべて取ったつもりにしよう!ということになる
「たんすを開けたつもり。風呂敷にものを包んだつもり…」
にわかに物音が聞こえて起きた八つあん
大変だ!と思いかけたが、驚かず、このまま返したんじゃこちらも名折れだ!と
「槍をもったつもり、泥棒の脇腹をついたつもり」
すると泥棒が
「あーいててて、血が だくだく と出たつもり」

【演者】
私の世代では何と言っても十代目文治師がよく高座に掛けていましたね。
後は談志師が好きでよく演じてました。そうそう圓窓師も寄席でやってました。
今は志の輔師の演目ですね。
【注目点】
ナンセンス落語の極みですねえ(^^)
好きな噺の一つですね。これとか「ぞろぞろ」なんてのもいいですねえw
高座を見ていて実際に高座に箪笥や火鉢が見えた様な気がしたら、噺家さんは大したものです。
落語に出て来る泥棒は実に楽しい人物が多いですね。
「夏泥」なんかもそうですし、悪人なのに善人?だと言う(^^)
こんな泥棒ばかりなら犯罪は減りますね。

『能書』
四代目痴楽師はこの噺を演じて下がろうとしたら客から「面白かったつもり」と言われたので「いやな客のつもり」と返したらウケたそうです。

『ネタ』
ご存知でしょうが、芝居の大道具で背景に使う絵を「書割」と言います。
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
プロフィール

hajime

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ