はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

今日はね、ちゃんとやりますよ! あたしは

「火焔太鼓」という噺

a690f138『火焔太鼓』
少し間が空いてしまいまいした。申し訳ありません。で、今日はこの噺。これが秋の噺かというと少し疑問ですが、とりあえず取り上げます。

【原話】
江戸時代から伝わる小さな噺を、明治末期に初代遊三師が少し膨らませて演じていたそうです。
この高座を修行時代に楽屋で聴き覚えた志ん生師が、後に独自のくすぐりを入れるなどして志ん生師の創作といってもよい程に仕立て直し、現在の形としました。

【ストーリー】
女房に叱られてばかりの道具屋の甚兵衛さん。
今日行ってきた市では、時代物の太鼓を買ってきたといって自慢をしている。
ところが、それを聞いてあきれる女房。一見しても分かるような埃だらけで汚い太鼓なんぞ売れる訳がないと、亭主の商売下手についてあれこれ言い始める。
 それに懲りない甚兵衛さんは、少しでも太鼓を綺麗に見せたいからと、小僧に埃をはたかせていると、太鼓の音が鳴り、その音を聞きつけた殿様の命を受けた供の者が店を訪れる。
太鼓を見せるために殿様の屋敷を訪ねる甚兵衛さん。こんな汚い太鼓を買ってくれるはずがないと思っていたら、何と300両で買い上げてくれるという。
その訳を聞いてみると、持参したのは「火焔太鼓」という高価な品物だという。早速、金子を受け取り、家に帰り、早速女房に50両ずつたたきつけて溜飲を下げる。おかみさん、仰天して危うく気絶しそうになる。
 味をしめた甚兵衛さんが、音がするものだから良かった、次は景気よく半鐘を仕入れようとおかみさんに言うと、おかみさんそれを押しとどめ、
「半鐘? いけないよ、おジャンになるから」

【演者】
やはり志ん生師ですが、志ん朝師も良かったですね。十代目文治師や八代目圓蔵師得意にしていました。今でも多くの噺家さんが演じます。

【注目点】
志ん生師は、お正月等に演じる時は「オジャン」では縁起が良くないと、「どんどん儲かる」とサゲていました。

『能書』
この噺のもう一つの眼目はこの夫婦の会話の味ですね。
ここに重点を置いて噺を構成する噺家さんもいます。(先代柳朝師や現権太楼師)
志ん生師の晩年の録音ではやはりここに重点を置いていました。なんだか志ん生師夫婦の会話を思わせる描写もありましたね。
 噺の中で、甚平衛さんが切り餅を五十両ずつ出すのは、武士からお金を受け取ってきたからですね。
商人だとまた、違ってきます。
そんな処も芸の細かさ確かさですね。

『ネタ』
 火焔太鼓とは雅楽で使われる大太鼓の一つで、火焔形の装飾があります。
直径180cm位の大きさなので本来はとても持てるものではありません。
 馬生師は噺で、大八車でお屋敷に運んだがのですが、志ん生師は
「それだから噺が下手なんだ。実際の大きさなんてどうでも良いんだ」
と言ったそうです。実証すると馬生が正しいのですが、噺のおもしろさから言うと、志ん生の解釈なのでしょう。そして落語の世界ではそんな火焔太鼓もあったという事なんですね。

「蜘蛛駕籠」という噺

59913441『蜘蛛駕籠』
今日は談志師の最後の演目と言われているこの噺です。

【原話】
上方落語「住吉駕籠」が三代目小さん師によって東京に移されました。

【ストーリー】
鈴が森で客待ちをしている駕籠(かご) 屋の二人組。
ところが、前棒がおめでたい野郎で、相棒がはばかりに行っている間に、茶店のおやじをつかまえて
「だんな、へい駕籠」と遣る始末です。
次に来たのが身分のありそうな侍で、「ああ駕籠屋、お駕籠が二丁じゃ」「へい、ありがとう存じます」
「前の駕籠がお姫さま、後ろがお乳母殿、両掛けが二丁、お供まわりが四、五人付き添って」
と言うから、てっきり上客と思い、喜び勇んで仲間を呼びに行きかけたら
「そのような駕籠が通らなかったか」・・・
その次は酔っぱらい。
女と茶屋に上がり、銚子十五本空にして、肴の残りを竹の皮に包んで持ってきたことや、
女房のノロケをえんえんと繰り返し、おまけにいちいち包みを懐から出して開いてみせるので、
駕籠屋は閉口。
今度は金を持っていそうなだんなが呼び止めるので、二人は一安心。
酒手もなにもひっくるめて二分で折り合いがつき、天保銭一枚別にくれて、
出発前にこれで一杯やってこいといってくれたので、駕籠屋が大喜びで姿を消したすきに、なんともう一人が現れて、
一丁の駕籠に二人が乗り込みます。
帰ってきた駕籠屋、やせただんなと見えたのにいやに重く、なかなか棒が持ち上がらないので変だと思っていると、中からヒソヒソ話し声が聞こえるから、簾をめくるとやっぱり二人。
文句を言うと、江戸に着いたらなんとでもしてやるからと頼むので、しかたなくまたヨロヨロと担ぎ出します。
ところが、駕籠の中の二人、相撲の話になり、ドタンバタンと取っ組み合いを始めたからたまららない。
たちまち底が抜け、駕籠がすっと軽くなります。
下りてくれと言っても、修繕代は出すからこのままやれ、オレたちも中で歩くからと、とうとう世にも不思議な珍道中が出現します。
これを見ていた子供が、
「おとっつぁん、駕籠は足何本ある?」
「おかしなことォ聞くな。前と後で足は四本に決まってる」
「でも、あの駕籠は足が八本あるよ」
「うーん、あれが本当のクモ駕籠だ」

【演者】
広く演じられていますが、やはり柳派の噺家さんが多いようです。

【注目点】
住吉大社が舞台ですが、舞台を鈴が森に変えました。
五代目小さん師は「この噺はトントンといかないと駄目だそうです。

『能書』
雲助は芝居や時代劇では悪く描かれていますが、事実は落語の様に善良な人が多く、米朝師も噺の中で、
「こういう(住吉街道のような人通りの多い)ところの駕籠屋は、街中の辻駕籠同様、いたってタチがよかったもので」と語っています。

『ネタ』
籠の底が抜けて、客が歩く部分の原話は享保12年の笑話本「軽口初賣買」中の「乗手の頓作」ですが、
実在した大坂・船場の豪商で奇人として有名だった河内屋太郎兵衛の逸話をもとにしたものともいわれます。

落語の登場人物について

30710063今日は落語に登場する人物について基本的な事を押さえておきたいと思います

 まず、一番出演が多いのが、熊五郎(熊さん)と八五郎(八っあん)ですね。この二人は良く主役級で登場します。熊さんは殆んど大工ですね。ハっあんも殆んど大工ですが、たまに左官屋になったりもします。熊さんも「芝浜」と言う噺では魚屋になったりもします。
 主に熊さんは割合まともな主役を演じます。まあ乱暴者という設定もありますけどね。
それに比較して八っあんは笑い話の主役が多いですね。大家さんや隠居さんにしつこく質問したりもしますね。
 まあ、この二人は落語の世界ではスーパースターですね。

 次に登場するのが甚兵衛さんです。この人は人が良い! 良すぎて騙されたりもします。基本的に人を疑う事を知らない人物です。決して抜けている訳ではありません。噺をちゃんと理解していない噺家がたまに甚兵衛さんを与太郎のように演じますが、これは間違いです。

 そして町内一の色男といえば、建具屋の半公(半ちゃん)です。色っぽい噺には必ず中心人物として出て来ます。豆腐屋の女将さんと間男していたりします。たまにそれを利用されて痛い目にも会います。まあ、そう上手い話は無いと言う事ですね。

 そしてなんと言っても、落語界最大の立役者が与太郎です! もうこれは凄い! 天然ボケなのか軽い知的障害なのか、微妙なところ。すごく味の良いボケをたくさんかましてくれます。愛嬌があり、親孝行な面もあります。
 職業は、大工の端くれだったり、飴やかぼちゃの行商をしたり、骨董屋の奉公人、古道具の露店商だったりします。でも物事を結構シュールに見ていたりします。女性に結構モテるのでイケメンなのかも知れません。
 立川談志師はそうではないと語っています。与太郎は愚か者ではなく、常識に囚われない物の見方をするのだと言っています。だから非常に言う事がシュールだったりするのです。
 叔父さんの代わりに露天の道具屋を始めれば、脚が一本欠けてる椅子を「後ろの塀ごと買ってください」と言います。彼にとっては、脚一本欠けてる椅子は後ろの塀とコンビならば立派に使えるのです。凄いですよね。この発想! 

 落語の世界には未だまだ面白い人物がいます。それが横丁の隠居です。「天地神明、知らない事は無い」と自称する博学な年寄りですが、判らないと勝手に時にこじ付けで教えてしまうことがあります。「戦場で兜の代わりに被ってそれに矢が当たって『カーン』矢が当たって『やカーン』でヤカンだ」とか言ってしまうのです。訊いた熊さんもハッあんも半信半疑ながら信じてしまうと言う……

 それから落語には、金坊とか亀ちゃん、あるいは定吉とか言う子供が良く出て来ます。この子供が困っしゃくれているのです。
 金坊は親を騙して小遣いをせびるし、定吉はお店の小僧なのですが、店の用事で使いに行ったついでに芝居(歌舞伎)を一幕見して来ると言う始末です。
 唯一亀ちゃんは素直な子供と言う設定が多いですね。

 その他にも落語に登場するお店は大抵「伊勢屋」で、しかも質屋さんと相場が決まっています。これは当時江戸に多くの「伊勢屋」と言う名の質屋さんが多かった事を物語っています。
 三重出身の人は勤勉で良く働いたそうで、一角千金の商売よりも固く堅実な商売を選択したとか。そこで自分の出身地の名を店に付けたそうです。
 ここの若旦那は遊び人だったり妙に真面目過ぎたりします。結構な器量良しらしく何処かの大店のお嬢さんに見初められたりします。
 長屋の娘は大方、お花です。結構積極的だったりします。年頃になって器量良しの娘になりました。
 
 落語には武士も登場します。一番偉いのが大名で、落語では赤井御門守と決まっています、石高は「12万3,456石7斗8升9合1つかみ半分」となっています。勿論これは洒落ですが、御門が赤いと言う事は将軍家と縁戚関係にある証です。なんでも血筋を辿ると天皇家に繋がるそうです。(ホントかよ!)
 なお、家来には田中三太夫と言う重役もいます。
 この殿様、部下に蕎麦を食べさせて腹を下させたり、何処かの殿様の代わりに吉原の花魁の盃を勝手に受けてしまったりします。

 その他にも幇間は一八(いっぱち)ですね。伊勢屋の若旦那にいいようにからかわれていたり真夏に鰻をご馳走になろうとして騙されたりします。医者なら薮井竹庵先生ですね。名医なのか藪なのかはっきりしません。「百川」では鴨池元琳という名医も登場します。心学者では紅羅坊奈丸先生ですね。
 勿論お江戸の噺ですから色っぽい人も出て来ます。それが吉原や品川の遊女です。ワガママな喜瀬川や調子の良いお染などです。
 勿論純愛に身を捧げた、高尾太夫や幾代太夫と言う方も登場します。
 このような個性溢れる人物が織り成す物語が落語ですね。

「笠碁」という噺

66e735b5『笠碁』
 今日は秋の長雨の時の噺です。ここのところ雨が降るとかなりの雨量ですね。皆さんの所は如何だったでしょうか? 水害に見舞われた方にお見舞い申し上げます。

【原話】
上方落語の初代露の五郎兵衛師作の笑話本で元禄4年刊「露がはなし」中の「この碁は手みせ金」です。
明治に入ると、三代目柳家小さん師が、碁好きの緻密な心理描写と、巧妙な話芸で、十八番としました。

【ストーリー】
秋の長雨が連日降っています。こうなるとお店も暇になり、大店の旦那が二人は退屈でなりません。(小さん師は旦那と出入りの職人、店は番頭に任せておりますので充分に暇ですね)
そこで、連日好きな囲碁を打つ事になります。二人とも碁が好きなのですが腕前の方はへぼ。碁会所などに行っても、へぼすぎて勝負になりません。
このような場合は双方がほどほどに力量が合わないと面白いものではないのですね。勝ったり負けたりを繰り返しています。
ある時、よせば良いのに待った無しで始めたからおかしくなりまして、終いには喧嘩にまでなってしまい、最後は「二度と来るな!」「来てやるものか!」と言い合いになってしまいます。
 それから数日、やはり雨がしとしとと降っています。もう旦那は暇を持て余すなんてものではありません。やたらイライラして八つ当たりを繰り返しています。
良く言われるのが「碁敵は憎さも憎しなつかしし」と言う言葉。一方、相手の方も囲碁がしたくて堪りません。そこで女房の止めるのも聞かずに編み笠を被って、相手の店の前をウロウロします。それを見た店の旦那は嬉しくて仕方ありません。女房に鉄瓶の湯を沸かさせ、
碁盤も用意させて、外ばかり見ながらソワソワ。
遂に相手が入って来て憎まれ口を利きますが、そんな事はどうでも良く早速碁石を並べて囲碁を始めます。でも碁盤に雨漏りがします。おかしいと相手を見たらまだ笠をかぶったままだったと言う……

【演者】
これも色々な演者が演じています。五代目柳家小さん師や十代目金原亭馬生師が得意にしてました。個人的にもお勧めです。

【注目点】
後半の、店の旦那が店の前を通る相手を見る目線の動きが重要ですね。ここが眼目です。ここはセリフも少なく仕草で笑いを取れるシーンですので、ここを上手く演じられない噺家さんは駄目ですね。

『能書』
小さん師で良いのは、最後の二人仲直りして囲碁を差し始める迄、ほとんど旦那は視線を上げませんね。その表情がとても良いです。
五代目志ん生師は、改作して碁を将棋に代え、「雨の将棋」と題して、より笑いの多いものに仕立てました。

『ネタ』
個人的には、十代目馬生師のNHK主催の「東京落語会」で演じた高座が好きです。ネットに上がっていますので是非ご覧になってください。また五代目小さん師の動画もあります。これも絶品です。二人共体の隅々まで神経を通わせ無駄の無い高座になっています。名人芸と呼んでも良いと思います。どうか、二人の師匠の目線の使い方をご覧になってみてください。

 ではまた〜
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
プロフィール

hajime

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ