らくご はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

落語好きの人の為のブログです!

3b4b189e『今戸の狐 』
コロナウイルスが全世界に広まっているようですが、寄席は平常営業ですね。
という訳で今日はこの噺です。

【原話】
江戸中期の名人・乾坤坊良斎(1769〜1860)が、自らの若いころの失敗話を弟子に聞かせたものをもとに創作したとされます。
良斎は神田松枝町で貸本屋を営んでいましたが、初代三笑亭可楽門下の噺家になり、のち講釈師に転じた人で、
本業の落語より創作に優れ、「白子屋政談」(髪結新三)等のの世話講談をものしました。

【ストーリー】
安政のころ。乾坤坊(けんこんぼう)良斎というの噺家の弟子で、良輔という男。
どう考えても作者では食っていけないので、一つ噺家に転向しようと、大看板で、三題噺の名人とうたわれている初代・可楽に無理に頼み込み、弟子にしてもらいました。

ところが、修行は厳しいし、場末の寄席にしか出してもらえないので、食う物も食わず、これでは作者の方がましだったという体たらく。
内職をしたいが、師匠がやかましく、見つかればたちまちクビです。
もうこのままでは餓死しかねないありさまだから、背に腹は代えられなく内職を始めます。
「今戸焼」と言う素焼きの土器や人形の本場なので、器用な処で、今戸焼きの、狐の泥人形の彩色を、
こっそりアルバイトで始め、何とか糊口をしのいでいました。
良輔の家の筋向かいに、背負い小間物屋の家があり、そこのかみさんは千住(通称骨=コツ)の女郎上がりだが、なかなかの働き者で、これも何か手内職でもして家計の足しにしたいと考えていた矢先、
偶然、良輔が狐に色づけしているところを見て、外にしゃべられたくなければあたしにも教えてくれ
と強談判してきました。仕方がないので、紹介し一生懸命やるうちにかみさんの腕も上がり、けっこう仕事が来るようになりました。
 一方、可楽の家では、師匠の供をして夜遅く帰宅した前座の乃楽が、夜中に寄席でクジを売って貰った金を、楽しみに勘定していると、軒下に雨宿りに飛び込んできたのが、グズ虎という遊び人です。博打に負けてすってんてんにされ、腐ってると、前座の金を数える音が聞こえてきたので、これはてっきりバクチを開帳していると思い込み、これは金になると思い込みます。
 翌朝、可楽のところに押しかけ、お宅では夜遅く狐チョボイチをなさっているようだが、
しゃべられたくなかったら金を少々お借り申したいと、強請ます。
 これを聞いていた乃楽、虎があまりキツネキツネというので勘違いし、
「家ではそんなものはない、狐ができているのは今戸の良輔という兄弟子のところ」
 だと教える。
 乃楽から道を聞き出し、今戸までやって来た虎、早速、良輔に談じ込むが、どうも話がかみ合わない。
「どうでえ。オレにいくらかこしらえてもらいてえんだが」
「まとまっていないと、どうも」
「けっこうだねえ。どこでできてんだ?」
「戸棚ん中です」
 ガラリと開けると、中に泥の狐がズラリ。
「なんだ、こりゃあ?」
「狐でござんす」
「間抜けめっ、オレが探してんのは、骨の寨だっ」
「コツ(千住)の妻なら、お向こうのおかみさんです」


【演者】
明治期の初代三遊亭円遊の速記が残りますが、戦後は五代目志ん生師しか演じ手がなかったそうです。
その後、馬生師と志ん朝師が継承して手掛けていたため、現在でもこの一門を中心に聴かれます。

【注目点】
狐チョボイチとは、寨を三つ使い、一個が金を張った目と一致すれば掛け金が戻り、二個一致すれば倍、
三個全て一致すれば四倍となるという、ギャンブル性の強いバクチです。

『ネタ』
江戸時代の寄席では、中入りの時、
前座がアルバイトで十五、六文のくじを売りにきたもので、
前座の貴重な収入源でした。
明治になり圓朝師が前座に定給を与える事にして、この制度を辞めさせました。
ちなみにクジがあったのは東京だけで、上方はボリと言うシステムがありました。
ボリとは、噺家が普段の噺とは違い、特別な噺をするので別にお客から少額の金額を募る制度です。
生半可な腕では客はソッポを向いてしまうので、噺家にとっては真剣だった様です。
どうしてもお金が入用な時等にやったそうです。

vol_disc14『花見酒 』
桜も開花したのでこの噺です。

【原話】
昔から小咄として扱われていたのもが一席になったようです、四代目圓蔵師や初代市馬師の型が今に伝わっています。

【ストーリー】
幼なじみの二人が、向島の桜が満開という評判なので
「ひとつ花見に繰り出そうじゃねえか」と、話がまとまります。
でも、あいにく二人とも金がありません。

そこで兄貴分がイイ事を考えます。
横丁の酒屋の番頭に灘の生一本を三升借り込んで花見の場所に行き、小びしゃく一杯十銭で売るというのです。
酒のみは、酒がなくなるとすぐに飲みたくなるので、へべれけになっているところに売りに行けば必ず売れるというのです。
「そしてな、もうけた金で改めて一杯やろう」
虫の良い考えです。

そうと決まれば桜の散らないうちにと、二人は樽を差し担いで、向島に行きます。
二人で担いでいると、弟分は後棒で風下だから、樽の酒の匂いがプーンとしてきて、もうたまらなくなります。
商売物なのでタダでもらったら悪いから、
「兄貴、一杯売ってくれ」と言いだして、十銭払ってグビリグビリ。
それを見ていた兄貴分ものみたくなり、やっぱり十銭出してグイーッ。
俺ももう一杯、じゃまた俺も、それ一杯もう一杯とやっているうちに、
三升の樽酒はもう空っぽです。
そして、二人はもうグデングデン。

酔いながらも何とか向島迄やってきました。
見ると桜が満開です。
「感心だねえ。このごった返している中を酒を売りにくるとは。
けれど、二人とも酔っぱらってるのはどうしたわけだろう」
「なーに、このくらいいい酒だというのを見せているのさ」
おもしろい趣向だから買ってみようということで、客が寄ってくるのですが・・・

肝心の酒が、樽を斜めにしようが、どうしようが、まるっきり空。
「いけねえ兄貴、酒は全部売り切れちまった」
「えー、お気の毒さま。またどうぞ」またどうぞも何もありません。

客があきれて帰ってしまうと、まだ酔っぱらっている二人、売り上げの勘定をしようと、
財布を樽の中にあけてみると、チャリーンと音がして十銭銀貨一枚。
品物が三升売れちまって、売り上げが十銭しかねえというのは? 

「馬鹿野郎、考えてみれば当たり前だ。
あすこでオレが一杯、ちょっと行っててめえが一杯。
またあすこでオレが一杯買って、またあすこでてめえが一杯買った。
十銭の銭が行ったり来たりしているうちに、三升の酒をみんな二人でのんじまったんだあ」
「あ、そうか。そりゃムダがねえや」


【演者】
私が若い頃は寄席でも結構掛かりましたが今では、それほどでもありませんね。
馬生師や芸協の小圓馬師がよくやりましたね。

【注目点】
1962年に出版され、話題になった笠信太郎著「"花見酒"の経済」からは、
 高度経済成長の真っ只中、馴れ合いで銭が二人の間を行ったり来たりするだけのこの噺を一つの寓話として、当局の手厚い保護下で、資本が同じところをぐるぐる廻るだけの日本経済のもろさを指摘していますが、今となっては、その馴れ合いでの銭さへ無くなっていますね。そこへ今回のコロナショックでどうなりますやら……。

『ネタ』
向島の桜は八代吉宗公の時に飛鳥山等と同時に植えられました。
ちなみに、この時紅葉も楽しもうと、楓やもみじも各地に植えたそうです。
今でも吾妻橋から桜橋迄の間で楽しめます。

0a8f3635『居残り佐平次 』
 コロナウイルス騒動の影響でアチコチの施設が閉鎖になっておりますが、寄席は国立を除いて通常通り営業していますね。最もお客の数は少ないようです。
先日の浅草の昼席で、市馬、喬太郎、一之輔、その他豪華な顔ぶれが並んだそうですが、日曜でも満員にはならなかったそうです。という訳でこの噺です。

【原話】
江戸後期の初代柳枝師の作による江戸落語です。
有名なネタですから、大抵の噺家は一度はやりますね。ちゃんと出来てるかは別にしてね。

【ストーリー】
 右を向いても左を向いても貧乏人が集まったとある長屋。
その輪にいた佐平次という男が
「品川にある遊郭に繰り出そう」
 と言い出した。金もないのにどうやって?と思いながらも一同、品川へ。
一泊して後、佐平次は
「実は結核に罹って医者から転地療養を勧められていた。だからここに残る」
 と言い出し、ほかの仲間を帰した。その後若い衆に
「勘定はさっきの仲間が持ってくる」
 といい居続け。翌日も
「勘定勘定って、実にかんじょう(感情)に悪いよ」
 とごまかし、その翌日も居続け、しびれを切らした若い衆に、
「金?持ってないよ」
 と宣言。店の帳場は騒然。 佐平次少しも応えず、みずから店の布団部屋に篭城した。
 やがて夜が来て店は忙しくなり、店は居残りどころではなくなった。佐平次頃合を見計らい、客の座敷に上がりこみ、
「どうも居残りです。醤油もってきました」
 と客に取り込み、あげくに小遣いまでせしめる始末。花魁がやってきて、
「居残りがなんで接待してんの?・・ってやけに甘いな、このしたじ(醤油)」
「そりゃあ、蕎麦のつゆですから」
「おいおい・・・」 などと自分から客をあしらい始め、謡、幇間踊りなど客の接待を始めた。それが玄人はだしであり、しかも若い衆より上手かったから客から「居残りはまだか」と指名がくる始末。
 これでは彼らの立場がない。
「勘定はいらない。あいつに出て行ってもらおう」
 となった。佐平次は店の店主に呼び出され、
「勘定はもういいから帰れ」
 といわれ追い出された。しかもその折に店主から金や煙草をせびり、もらっていく始末。 心配でついてきた若い衆に、
「てめえんとこの店主はいい奴だがばかだ。覚えておけ、俺の名は遊郭の居残りを職業にしている佐平次ってんだ」
 と捨て台詞を残して去っていった。 若い衆は急いで店主に報告する。すべてを知り、激怒する店主。
「ひどいやつだ。あたしの事をおこわにかけやがったな」
 そこで、若い衆が一言。
「旦那の頭がごま塩ですから」


【演者】
圓生師をはじめ志ん生師や正蔵師等そうそうたる名人上手が演じています。かの三代目柳好師も演じています。(個人的は結構好き!)
また志ん朝師も良いですね。無論小三治師もやっています。
圓生師はこの噺を初代の小せん師から17、8の頃に教わったそうですが、なかなか上手く出来ずに苦労したそうです。

【注目点】
オチの「おこわにかける」は古い江戸言葉で、すでに明治末年には死後になっていたそうです。
語源は「おおこわい」から来ていて、人を陥れる意味でした。
それを赤飯のおこわと掛けたものだったのです。
また別の意味で「美人局」の隠語でもあったそうです。
個人的にはこのサゲは替えて欲しく無いですね。

『ネタ』
サゲが判りにくにので、殆どの噺家が改悪しています。
個人的にはこれだけ皆失敗してるんだから変えなきゃ良いと思うのですが・・・
あの談志師からして事後談までこしらえています。
そうなると、別の噺みたいですね。
個人的にはサゲが解りづらかろうと、この噺の素晴らしさは変わらないと思います。
いっそ、サゲを無くして、若い衆が声を掛ける処までやり、
「この後、佐平次の言う事が真っ赤な嘘と判り、騙されたと気がつくと言う、居残り佐平次と言う噺でございます」
とやった方がスッキリする気もしますが……。

Image005『花見の仇討』
今日はこの噺です。東京都はお花見も自粛するように言ってますが、桜の花の下で宴会をやらなくても、大勢の人がぞろぞろと歩いて花見をすれば、同じ気がしますが、それも駄目というのでしょうか?
 それにしても寄席は通常営業してますね。ある意味、凄い!

【原話】
明治期に「花見の趣向」「八笑人」の題で演じた四代目橘家円喬師が、「桜の宮」を一部加味して十八番とし、これに三代目三遊亭円馬師が立ち回りの型、つまり「見る」要素を付け加えて完成させました。

【ストーリー】
 仲の良い三人が上野のお山に花見に行くのですが、その趣向を考えていて、一人がいい案が浮かんだ様です。
「仇討ちの芝居をやって受けようじゃねえか、筋書きはこうだ。」
 二人の巡礼が上野の山で親の仇に出会って
「やあ珍らしや、お主は親の仇、尋常に勝負しろ」
「何をこしゃくな、返り討ちだ」
 と仇討ちの果し合いを始める。
 競り合っているところへ、六部が仲裁に入り、お芝居だったと明かすって寸法だ。と話がまとまります。

 花見の当日、四人がそれぞれ、敵役の浪人、巡礼二人、六部の役に別れて、現場で落ち合うことになりました。
 ところが、六部役の男が上野の山へ上ろうかという時に、うるさ型の叔父さんに捕まって説教を食らい、家に連れて行かされ、酒を飲まされて寝てしまいます。
 一方、巡礼には途中で話の成行きで、助太刀の侍が着いてしまったから、話が更にややこしくなって仕舞いました。
 筋書き通り果し合いを始めましたが、いつまで経っても六部の仲裁が入りません。場が持たなくなった三人が揃って逃げ出すと、助太刀の侍が
「逃げるには及ばない、勝負は五分だ」
 と言いますが三人は
「勝負は五分でも肝心の六部が来ない」

【演者】
 色々な噺家さんが演じています。三代目金馬師や三代目三遊亭小圓朝師も良かったです。個人的には桂文朝師が好きでした。

【注目点】
柳家と三遊亭系は舞台を上野でやってます。古今亭系は飛鳥山が多いですね。
江戸時代、遊興が許されていたのは、向島と飛鳥山です。
ここで疑問、なぜ向島で演じる噺家さんがいなかったのだろう?
まあ、当時の都心から上野以外は離れていました。
飛鳥山は一日がかりの行楽地であった訳で、向島は通常は船で行く所。
そうすると叔父さんの話や何かで、噺にボロがでて、辻褄が合わなくなる恐れがあります。
それに明治になると上野の山でも遊興が許可されたので、設定を作り直したのでしょう。

『能書』
 八代目正蔵師匠も飛鳥山で演じていました。明治になって敵討ちが禁止になり、舞台がどうしても江戸時代限定となりました。
 上方落語では「桜ノ宮」と言います。騒動を起こすのが茶番仲間ではなく、浄瑠璃の稽古仲間という点が東京と異なりますが、後の筋は変わりません。
 五代目笑福亭松鶴師が得意とし、そのやり方が子息の六代目松鶴師や桂米朝師に伝わりました。

『ネタ』
 江戸時代は今よりも花見で色々なパフォーマンスをするのが多かったようです。今はカラオケなんか電源を用意してする人もいますね。
 噺の中の「六部」とは、六十六部の略で、法華経を六十六回書写して、一部ずつを全国の六十六か所の霊場に納めて歩いた巡礼者のことで、室町時代に始まったそうです。また、江戸時代に、仏像を入れた厨子(ずし)を背負って鉦(かね)や鈴を鳴らして米銭を請い歩いた者もこう呼んだそうです。

※ 今夜のEテレの「落語ディーバー」は「花見の仇討」です
午後10時50分〜 午後11時20分

fd9381e9谷文晁作 「綬帯鳥図」

『普段の袴 』
コロナウイルスの影響でどこも軒並み営業休止ですが寄席はやってますね。
そういう訳で今日はこの噺です。
【原話】
江戸古来の噺ですが、速記は見当たらないそうです。
八代目正蔵師が、二代目蜃気楼龍玉師(1867−1945?)門下の龍志師から教わり、その型が五代目柳家小さん師に継承されました。

【ストーリー】
江戸時代。上野広小路の御成街道には、お侍相手の骨董屋が多くあったといいます。
そのうちの一軒に、羽織袴、白足袋に雪駄履き、白扇をにぎった立派な侍が立寄り、
店の主人がもてなそうとすると「いや、今日は墓参の帰りじゃ。供の者にはぐれたのでここで待たせて貰おう」と一休み。
 上等な金無垢の煙管で煙草を吸い始めます。
煙管をくわえたまま鶴の掛軸をほめ、谷文晁の作ではないかと感心しているうちに、袴の上に煙草の火玉が落ちた。骨董屋の主が慌てて、焦げていると告げると「これは些か普段の袴だ」と平然と振舞う潔さです。
 これを見ていた粗忽者が、カッコ良さに惚れて、真似をしようとします。袴を持ってないので、大家の所に行って袴を借りて来るが、着物を借りるのを忘れて、上が印半纏、下が袴という変な格好で、骨董屋に向かいます。
 煙草盆を出させて、真鍮の煙管で煙草を吸い始め、予定通り鶴の掛軸をほめますが、
なかなか火玉が落ちないので、プッと吹いたら火玉が頭に飛びます。
 骨董屋の主が、おつむに火玉が落ちたと注意すると、「気にするねぃ、普段の頭だ」

【演者】
八代目正蔵師の他に八代目春風亭柳枝師も持ちネタにし、柳枝師の弟子だった、円窓師が演じています。
今でも五代目柳朝一門の噺家さんが寄席で演じます

【注目点】
御成街道とは、当時の神田の筋違御門(現・万世橋のあたり)から上野広小路にかけての道筋で、現在の中央通りです。
寛永寺に将軍が参拝する時に通ったのでこの名がつきました。

『ネタ』
谷文晁とは江戸時代後期の日本の画家で、江戸南画の大成者であり、その画業は上方の円山応挙、狩野探幽とともに「徳川時代の三大家」に数えられています。

1011404『干物箱』
今日は、黒門町の十八番中の十八番のこの噺です。

【原話】
原話は、延享4年(1747年)に出版された笑話本・「軽口花咲顔」の一遍である『物まねと入れ替わり』です。

【ストーリー】
 女道楽が過ぎて、若旦那が外出禁止となり、すでに十日。
たまには湯でも行って来いと言われて、二つ返事で家を飛び出した。
一旦外に出ると吉原に顔を出したくなる。そこで、声色が上手な善公に替玉を頼むことにした。
親父には、こう答えろと指示して、善公を二階に残して遊びに出掛けた。
 筋書通りに答えて調子にのっている善公だが「頂いた干物はどこだ」と聞かれて「干物箱」と出鱈目を言うと持って来いと言われた。
顔を見せる訳にはいかないので、腹が痛いと嘘をつくと、親父が薬を持って二階に上がって来た。
頭から布団を被ってしがみついていたが剥がされ、若旦那との計略がバレた。
 その時、窓の外から若旦那が囁くような小さな声で、紙入れを忘れたから取ってくれと頼む。
思わず親父が怒鳴り、
「馬鹿野郎、てめえなんぞ、どこへでも行って死んじめぇ」 
お気楽な若旦那は、
「はぁ善公は器用だねぇ、親父そっくり」

【演者】
やはり八代目文楽師が有名ですが、志ん生師もやりました。亡くなった後は志ん朝師や馬生師など多くの噺家が演じています。

【注目点】
志ん朝師師はこの噺を「前半できちんと説明しないと後半の笑いに繋がらない」と語っていたそうです。
それとこの噺の日時もハッキリと判っているそうです。明治の末で1月16日の藪入りの晩で店の者は誰も居ないのだそうです。それは古い速記に「やぶいりのまたいで過ぎぬ凧の糸」という句から判ります。

『ネタ』
この噺で親を騙すのに用いられたのは「声色」ですが、「声色」の本来は歌舞伎役者の声を真似することです。
噺に出てくる「亀清」は柳橋にあった料亭です。

20200223124949-1講談の神田松之丞さんが真打に昇進しまして、大名跡の神田伯山を襲名しました。
二つ目の頃から大人気で注目されていましたが、昇進襲名とあってマスコミでも紹介されていますね。
そんな中、白山先生がyoutubeで「神田伯山てぃーびぃー」というチャンネルを開設致しました。最初は新宿末廣亭からの模様(主に楽屋の様子)が配信されました。
毎日更新だそうでして、先日からの浅草の模様も配信されています。
演芸落語ファンとしては結構面白いですね。これを見て寄席に行ってみたいという方が居るみたいですので、広く知られれば良いと思い、このブログでも紹介してみることに致しました。
御興味のある方は是非神田伯山てぃーびぃー
上記のオレンジの文字をクリックしてください!

このページのトップヘ