はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

今日はね、ちゃんとやりますよ! あたしは

黒目に注射

bc68f506.jpg先日、目を患らっている事を掲示板に書いたら、生放送で、お席亭をはじめ、namさん、kitashiba さん(多分)や多くの方々から、暖かい言葉を
戴きました。この場を借りて御礼申しあげます。(誰も見てないか?w)
 今日、地元の眼科に行ったらば、先日より悪化しているとの事。当方では
手に負えないので、「東部地域病院」を紹介されました。
しかも、今日午後一で行けとの事。行きましたよ・・・・
診察の結果は、かなり悪い、傷の炎症が深くまで及んでいるので、このままでは、失明の可能性も否定出来ないと言われましたです。
じゃあ何をやったかと言うと、炎症を起こしている患部に抗生部質を注射しまして、痛かったなぁ・・・まさかこの年で目に注射されるとは・・・
しばらく通院との事。生放送も当分見れないなぁ・・・
12日のお席亭の誕生日迄に間に合うかな?

そんなんで、予定より早く、志ん朝師と談志師をうpしました。
namさんの支援、ありがたかった!

落語を聴いて

yahooの落語が最近よく更新される様になりました。
昨日も生放送待ちの時に志ん輔師の「宮戸川」を見てまして、初めて気が付いた事がありました。
噺の冒頭で、半七が家の戸を叩いていると、お花が来て自分も締め出しをされたと言うのですが、半七が「お花さんはそうやって叩いていると、きっとおっかさんが入れてくれますよ」というセリフを志ん輔師は言うのですが、
ここで初めて気が付いた事がありました。
 お花の家の人はこの晩、心配しなかったのだろうか?半七は慣れているかもしれないが、お花はそれまではどうしていたのだろうか?

後半のくだりで、両家の親が許さず結婚に反対なので、半七の叔父さんが後見人になり二人はまとまるのですが、この反対の理由に、「無断で家を空けた」事があったのでしょうか?・・・下らない事を考えてしまった・・・

気が付いたら11時を回っていました。翌朝5時起きなので、生放送を諦めて寝てしまいました。

はじまりましたあ!

a090d7fb.jpg怪談噺INにこにこがはじまり、私を含め3人が一本目をうpしました。
やっぱりnamさんはすごいなぁ。牡丹灯籠の競演なんて・・・・あっしにはしゃっちょこ立ちしても考えられませんな。うーん素晴らしい!!
 お席亭も落語暦は浅いけど、選択の演目が良いですよね。「生きている小平次」なんてなかなですよ。私は音源をなくしてしまいましたが、持っていたら考えていましたね、絶対!
 私は一本目は予定を替えて「乳房榎」にしました。志ん生師でnamさんと被ってしまうからですが、二本目に上げてのはまずかったかな?
今後は注意が必要ですね。

怪談噺INにこにこがいよいよ

a8ea4b37.jpgいよいよ「怪談噺INニコニコ」が明日の深夜からスタートします。
参加者は、お席亭、namさん、kitashibaさん、そして私です。Mi-tuoさんも間に合えば良いのですが、無理かな?
お席亭は「生きている小平次」からスタートするそうです。”小肌小平次”が出てくるやつですね。
namさんは、牡丹灯籠を中心だそうです。
私は、何から上げようかな?「おいてけ堀」からにしましょうか!
あとは、小三治師や三本ある「豊志賀の死」を中心に・・・

記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ