はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

今日はね、ちゃんとやりますよ! あたしは

「首ったけ」という噺

17512f2c『首ったけ』
今日はこの噺です。

【原話】
四代目三遊亭円生師の(1904年没)作といわれています。古い速記では、大正3(1914)年の四代目円蔵師のものがあります。
 他の説では1782年の「富久喜多留」の「逃げそこない」とも言われています。

【ストーリー】
 辰つぁんの相方の紅梅花魁が、回しを取られて、何処かのお大尽と、どんちゃん騒ぎをしています。
若い衆を呼んで騒がしくて寝られないから帰ると文句を付けます。
敵娼(あいかた)の紅梅花魁がなだめに入ったが、売り言葉に買い言葉、見世を飛び出してしまいました。
大引け後だったので、真っ暗で帰るに帰れません。向かいの見世に明かりが見えたので頼むと、明日、よりが戻って向かいに帰られると立場がないと言われて仕舞います。
二度と行かないからとの約束で上がると、敵娼(あいかた)の若柳花魁は前から辰つぁんの事を気にかけていたからと、充分の接待をして帰した。毎晩のように通うようになったが、行けない日がありました。
今晩は行こうと思っていると、昼頃、吉原か火事が出ました。若柳花魁を助けようと思って飛んで行ったのですが。
表からは人だかりで入れないので、裏のお歯黒ドブに回ります。花魁達は化粧気もなく慌てて走って来るが、煙に巻かれて右往左往している始末。
そこに数人の花魁が駆けて来たのですが、跳ね橋から一人が落っこちて、真っ黒く汚いお歯黒ドブにはまって仕舞います。
直ぐに脇の下まで潜ってしまいもう大変。
「助けてよ〜!!」と金切り声を上げた。みんなで助けてやれ、と手を出すと、何とそれは喧嘩別れをした、紅梅花魁でした。
「夜中俺をおっぽり出したやつなんか助けねぇ」
「辰つぁん! 早く助けておくれよ。もう首まで来たからさぁ」
「そんな薄情なやつは助けねぇ」
「そんな事言わないで! もう、首ったけなんだから」

【演者】
戦後はこれはもう、二代目円歌師がたまに演じたほかは、志ん生師の、ほぼ一手専売でした。
どうも、志ん生師、円歌師とも、初代小せん師(盲の)の直伝だと言われています。
志ん生師の後は、馬生師、志ん朝師が受けぎました。
いまでは、寄席では余り高座に掛かりませんが、落語会等ではたまに演目に見られます。

【注目点】
この噺のマクラに使われるのが「蛙の遊び」という小咄で、蛙が揃って遊びに来て、女郎を品定めするのですが、そっくり帰って立ってる為に目が後ろになっており、向かいの見世の女郎を品定めしていたというオチです。

『能書』
旧吉原遊郭は、明暦の大火(1657)によって全焼してしまいます。
丁度その頃移転の計画があったので、日本橋から浅草日本堤に移転しますが、その後も明治維新までに平均十年ごとに火事に見舞われ、その都度ほとんど全焼しましたそうです。
昔は何より(今でもですが)火事が怖かったので、逃げるのには必死になりますね。
明治以後は、明治44(1911)年の大火が有名で、六千五百戸が消失し、移転論が出たほどです。
火事の際は、その都度、仮設営業が許可されましたが、仮設というと不思議に繁盛したので、廓主連はむしろ火事を大歓迎したとか。


『ネタ』
正直、「首ったけ」と言う表現はもう死語になったかと思っていたのですが、
最近のアニメ等にも使われていて、死語じゃ無かったと思い直しました。(^^)

「辰巳の辻占」という噺

359d258c『辰巳の辻占』
今日は「辰巳の辻占」です。秋の噺かは余り良く判りませんが、まあそこは……。

【原話】
元話は、宝永2年(1705)刊の初代露の五郎兵衛師が書いた「露休置土産」中の「心中の大筈者」と言う話です。
これが「辻占茶屋」と言う上方落語になりまして、明治の頃に東京に移されまして「辰巳の辻占」となりました。
お内容な趣向の噺に「星野屋」がありますが、これはれっきとした江戸落語です。

【ストーリー】
 道楽者の猪之助が、おじさんのところに金の無心に来ます。辰巳(深川)の静という女郎に首ったけで、どうしても身請けをして女房にしたいが、三百円の金が要るという。
 つい今し方猪之助の母親が来て、さんざん泣いて帰ったばかりなので、その手前、説教はしてみたものの、このおじさん、若いころ少しはその道に覚えのある身で、言って聞かせても当人がのぼせていて、どうにもならないと見て取ると、金を出す前に女の料簡を試してみろと、一計を授けます。
 翌日、猪之助がいやに深刻な顔で見世に現れます。
「どうしたの」
「実は借金が返せねえので、おじさんの判をちょろまかして金を融通したのがバレて、赤い着物を着なくちゃならねえ。この上は、死ぬよりほかないので、別れに来た」
「まあ、おまはんが死ぬなら、あたしも一緒に」
 行きがかり上、そう言うしかしかたがない。
「それでいつ?」
「今晩」
「あら、ちょいと早過ぎるワ。日延べはできないの」
「できない」
 ……しまったと思ってももう遅く、その夜二人で大川にドカンボコンと身を投げることになってしまいました。
 吾妻橋まで来て、二人でやりあっても拉致があきません。静の方はいやいやながらなので、南無阿弥陀仏ひい〜のふう〜のみと数えても飛び込みません。少し離れた処で、南無阿弥陀仏と声だけはやたら大きく、身代わりに石を川へドボーン。
 男の方は、その音を聞いててっきり静が飛び込んだと思い込み、大変なことをしでかしたと青くなる。
「どのみち、オレは泳げねえ、ぢいいち仕組んだおじさんが全部悪いんだから」
 ……どうしようかと迷ううち、こちらも石があるのに気が付いて、
「……えい、そうだ。静、オレも行くからな……。悪く思うなよ」
 やっぱり同じように身代わりに、石をドボーン。
 静はこれを聞いて、
「あーら、飛び込んだわ。あの馬鹿が。あー寒い。帰ろうっと」
 両方がそろそろっと、練れて寒さに震えながら戻ってくると、見世の看板の行燈の前で、バッタリ。
「あっ、てめえ、静」
「あーら、猪之はん。ご機嫌よう、お久しぶり、
「何が『お久しぶり』だ!」
「だって〜娑婆(しゃば)で会って以来じゃないか」

【演者】
歴代の名手に、4代目圓喬師、3代目三木助師や10代目馬生師等がいます。上方では文枝師が良かったですね。

【注目点】
噺の設定で、猪之が無人に当たり、大金が入ったので、静がその金をよこす様に云う設定もあります。
相方の名は「お玉」とも「紅梅」とも替ります。

『能書』
辻占とは、「辻占菓子」の事で、せんべい、饅頭などの中に、恋占いのおみくじを入れたもので、
遊里の茶屋などのサービス品でした。
今だとフォーチュンクッキーですね。

『ネタ』
オチの言葉は遊里の里言葉で、「久しぶり」の意味があります。
世間を娑婆に見立てての言葉です。

「棒鱈」という噺

214255da『棒鱈』
今日はこの噺です。

【原話】
古くからある江戸落語です。詳しいことは良く判っていません。

【ストーリー】
江戸っ子の二人連れが料理屋の隣座敷で、田舎侍が大騒ぎする声を苦々しく聞いています。
「琉球へおじゃるなら草履ははいておじゃれ」などという間抜けな歌をがなっていて、静かになったと思ったら、
芸者が来た様子で、隣の会話が筒抜けに聴こえてくるので、余計腹が立って来ます。
芸者が、「あなたのお好きなものは?」と聞くと
「おいどんの好きなのは、エボエボ坊主のそっぱ漬、赤ベロベロの醤油漬けじゃ」等と言う始末。
何の事かと思ったら、タコの三杯酢と鮪の刺し身だと言う。
「おい、聞いたかい。あの野郎の言いぐさをよ。マグロのサムスだとよ。……なに、聞こえたかってかまうもんか。あのバカッ」
と大きな声を出して仕舞います。
芸者が、侍が怒るのをなだめて、三味線を弾きますから何か聞かせてちょうだい
と言うと、侍
「モーズがクーツバシ、サーブロヒョーエ、ナーギナタ、サーセヤ、カーラカサ、タヌキノハラツヅミ、ヤッポコポンノポン」と、歌い出す始末。
あきれかえっていると、今度は「おしょうがちいが、松飾り、にがちいが、テンテコテン」とやりだします。
気の短い江戸っ子が、我慢ならなくなって、隣を覗こうと立ち上がります。
相棒が止めるのも聞かずに出かけていくと、酔っているからすべって、障子もろとも突っ込みます。
驚いたのが田舎侍。
「これはなんじゃ。人間が降ってきた」
「何ォ言ってやがるんでえ。てめえだな。さっきからパアパアいってやがんのは。酒がまずくならあ。マグーロのサスム、おしょうがちいがテンテコテンってやがら。ばかァ」
「こやつ、無礼なやつ」
「無礼ってなあ、こういうんだ」
と、いきなり武士の面体に赤ベロベロをぶっかけたから
「そこへ直れ。真っ二つにいたしてくれる」
「しゃれたたこと言いやがる。さ、斬っつくれ。
斬って赤くなかったら銭はとらねえ、西瓜野郎ってんだ。さあ、斬りゃあがれッ」と、大喧嘩。
そこへ料理人が、客のあつらえの鱈もどきができたので、薬味の胡椒を添えて上がろうとしたところへけんかの知らせ。
あわてて胡椒を持ったまま、それを振り掛けたからたまりません。
ハックション、ハックションの連続です。
さすがに静かになり、「どうなりました?」
丁度、胡椒(故障=邪魔)が入ったところ・・・

【演者】
代々小さん一門に伝わっている噺です。八代目柳枝師が特にしていました。
現役では小三治師、さん喬師を始めかなりの噺家さんが演じています。

【注目点】
「首提灯」と並んで、江戸っ子の粋(粋がり?)と啖呵が売り物の噺で、それだけに、歯切れよくタンカのきれる演者でないとサマにならず、この点を注意しなければなりません。

『能書』
まあ、江戸っ子は地方の藩の武士が江戸に出て来て努めていても「浅葱裏」と言ってバカにしていたそうです。
それにこの噺の時期はどうも幕末から明治の初めと推定されますので、薩摩出身の武士には余計反感があったのかも知れません。
その点でも「首提灯」と似ている処がありますね。

『ネタ』
「棒だら」には「よっぱらい」の意味の江戸言葉だそうで、他にも「バカ」の意味も含まれていたそうです。
尤も明治の初めには廃れていたそうです。

「寝床」という噺

dd6a442b『寝床』
この噺が秋の噺と確定した訳ではありませんが、旦那が人を集めて下手な義太夫を披露するのは秋が相応しい気がしますので一応秋の噺としました。

【原話】
原話は、安永4年(1775年)に出版された笑話本・「和漢咄会」の一遍である「日待」で、元々は「寝床浄瑠璃」という上方落語の演目で、明治中期に東京へ移されました。
なんと言っても文楽師の十八番でしたが、他の演目と違って、志ん生師や圓生師等他の噺家さんも演じていました。

【ストーリー】
ある大家の旦那、大の義太夫好きで、すぐ他人に語りたがるが、あまりにも下手なので、長屋の店子たちは誰も聞きに来ない。
だったら、せめてご馳走をして、ご機嫌をとろうと色々と準備をしてから店員の繁蔵を呼びに行かせたがやはり駄目。
提灯屋は開店祝いの提灯を山のように発注されてんてこ舞い、金物屋は無尽の親もらいの初回だから出席しない訳にはいかず、小間物屋は女房が臨月なため辞退、鳶の頭は成田山へお詣りの約束、豆腐屋は法事に出す生揚げやがんもどきをたくさん発注されて大忙しと全員断られてしまった。
ならば、と店の使用人たちに聞かせようとするが、全員仮病を使って聴こうとしない。

頭に来た旦那は、長屋は全員店立て(たたき出す事)、店の者は全員クビだと言って不貞寝してしまう。
それでは困る長屋の一同、観念して義太夫を聴こうと決意し、一同におだてられ、ご機嫌を直して再び語ることにした旦那は準備にかかる。
その様子を見ながら一同、旦那の義太夫で奇病(その名も「義太熱」、「ギダローゼ」)にかかったご隠居の話などをして、酔っ払えば分からなくなるだろうと酒盛りを始めた。

やがて始まった旦那の義太夫をよそに、酒が回った長屋の一同、全員居眠りを始めてしまう。
我に返って気づいた旦那は激怒するが、何故か丁稚の定吉だけが泣いているのを見て機嫌を直した。
何処に感動したのかと、語った演目を片っ端から質問してみるが、定吉の返事は「そうじゃありません」というばかり。
「そんなとこじゃない、あそこでござんす」
「あれは、あたしが義太夫を語った床じゃないか」
「あそこがあたしの寝床なんです」

【演者】
もう有名なのは八代目文楽師ですね。でも志ん生師や圓生師、更には可楽師も演じていました。
個人的に好きだったのは先代柳朝師のですね。勿論、今でも多くの噺家さんが演じています。

【注目点】
志ん生師のバージョンでは、噺の展開がもっと凄く、先の番頭さんはドイツへ逃げちゃうし、かなりシュール
なオチとなっています。

『能書』
昔の奉公人には,個人の部屋はありえず,みな大部屋で暮らしていました.
この大部屋で、義太夫をしているので、定吉は自分の寝る場所が無かったという訳ですね。

『ネタ』
この噺の長屋は通りに面した表長屋で、おそらく二階建で、義太夫を演じてる旦那は、居附(いつ)き地主といって、地主と大家を兼ねてると思います。
表長屋は、店子は鳶頭など、比較的富裕な人々なのですが、単なる賃貸関係でなく、店に出入りして旦那から色々と仕事をもらっている者が殆どなので、とても逆う訳には行きません。それに江戸時代は、引越しして新しい長屋を借りるにも、元の家主の身元保証が必要な仕組みなので、どうしても旦那の下手な義太夫に命がけで耐えなければならなかった訳です。
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
プロフィール

hajime

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ