はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

今日はね、ちゃんとやりますよ! あたしは

「お菊の皿」という噺

10448909_974427675979915_819059417_n『お菊の皿』
 今日は別名「皿屋敷」とも言う噺「お菊の皿」です

【原話】
談志ひとり会の音源で、談志師が解説していましたが講釈の『番町皿屋敷』と言う噺が上方に飛びまして、浄瑠璃となり「播州皿屋敷」として作り直されたそうです。
これが、大変な評判を取りまして、それを逆に歌舞伎に導入して江戸で公演したのが当たったと言う事です。これが江戸で「お菊の皿」となりました。

【ストーリー】
田舎で「皿屋敷」の噺を尋ねられた男は知らないと言ったので、馬鹿にされてしまいます。
帰ってきて隠居から教えて貰います
未だ、出るんじゃないかと言われその皿屋敷へお菊さんの幽霊を見に行事に成ります。
男達が待っているとお菊さんが現れ、皿の枚数を数え始めます。
こわごわ見たらこれが絶世の美人!
九枚まで聞いた者は狂い死ぬと言われていたので、
男達は途中で逃げ帰ってきますが、これは面白いと、毎晩お菊さんの所へ行くのですが、
その内にこれが評判となり、興行主の知る処となりました。
そうなると、観覧席は出来るし、屋台等も沢山出る始末。

お菊さんの肝心の皿の数え方もクサイ演出になっています。
お菊もすっかりその気になり、常連には、
「まあ、だんな、その節はどうも」
等と愛嬌等を振りまくので、人気は増すばかりです。

ある日、聴いていて、6枚まで聴いたので帰ろうとするのですが、混んでいて身動きが取れません。
焦っていると、とうとう9,枚迄聴いて仕舞いましす。
「俺の命もこれまでか?」と思っていると、
「9まい〜、10まい〜」と数えて行き、とうとう18枚迄数えて仕舞いました。
「おいおい、お菊ちゃん。皿は九枚で終わりじゃねえのか?」
「わかんないかねえ!明日休むんだよ!」

【演者】
今は殆どの噺家が高座に掛けます。小朝師や喬太郎師の高座が人気があるみたいです。(今風にアレンジしてあります)

【注目点】
口演記録はかなり古く、文化年間(1804〜18)の落語家・喜久亭寿曉の演題控え「滑稽集」に、
「さらやしき 明日休」とあります。

『能書』
ちなみに上方の型は、
「九枚どころか十枚、十一、十八枚まで数えやがって、あまり客を馬鹿にすな。アホめが!」
「そないに、ポンポン言いなはんな。そんなこと言われんでもわかってます。」
「ほんなら何でこんなに多く数えるねん。」
「風邪引いてまっしゃろ。二日分読んで、へへ…明日休みますのン。」
となります。

『ネタ』
上方では最後はちゃんと理論的な説明がついてます(風邪ひいたと言う事で休む)
江戸では只、お菊さんが休みたいだけ!
東西の違いって面白いですね。

しかしどれだけの美人だったのでしょうね?
一度見てみたいですよね?

土用丑の日が近いので「素人鰻」です

05fd58d1『素人鰻』
今日は土用丑の日が近いのでこの噺です。

【原話】
原話は噺本『軽口大矢数』(安永2年:1773年)の『かば焼』、または『大きにお世話』(安永9年:1780年)の『蒲焼』からです。
【ストーリー】
元旗本の武士がしる粉屋をやろうと店を探していると「神田川の金」という、ひいきにしていた鰻さきの職人に出会います。
金さんの勧めで鰻屋を開業することにしました。いわゆる士族の商法というやつですね。
腕がいいが、酒癖の悪い金さんですが、酒を断って店を手伝うというので殿様も安心です。

さて、最初は良かったのですが、開店の日に祝いの酒だと主人の友達が金さんに飲ませたところ、だんだん悪い酒癖が出てきて暴れ出し、店を飛び出してしまいます。
翌日、職人がいなくなって困っていると、金さんは吉原から付き馬を引いて帰ってきた。
昨日のことは、何も覚えていないという。
黙って遊び代を払ってやると、今度は金さんは酒を飲まず一生懸命働きだし、腕はいいので店も順調になります。

主人はすっかり喜び、ある日閉店の後、酒を出してやるが飲まないで寝てしまう。
ところが家の酒を盗み飲みして、またもや悪口雑言の末、店を飛び出してしまう。次の日も同じで、
仏の顔も三度やらでもう帰って来ません。

困った主人は仕方なく自分で鰻をさばこうとし、捕まえにかかるが捕まらない。
糠をかけたりしてやっと一匹捕まりかかるが指の間からぬるぬると逃げて行くきます。
なおも鰻を追って行く主で、それを見て女房がどこへ行くのかと声をかけます。
「どこへ行くか分かるか。前に回って鰻に聞いてくれ」

【演者】
何と言っても黒門町こと文楽師の名演が光ります。

【注目点】
後半の部分だけを演じたのが「鰻屋」だと思われていますが、「鰻屋」は元が上方落語なので、成立が違います。
この「素人鰻」は昭和29年に芸術祭賞を受けました。
平素は猫のようにおとなしい神田川の金が、酒が入りだんだんと酔っていき、ついには虎になり悪口雑言の大暴れをするくだりがこの噺の眼目ですね。
その豹変ぶりが物凄いですね。
この噺の元は、三遊亭円朝の「士族の商法(御膳汁粉)(素人汁粉)」だと云われています。

『能書』
この噺の職人金さんは、実在の人物で、「神田川」に居た職人で、中々腕の良い職人で、
「金が居るなら今日は鰻を食べて行こう!」
と言う客が曳きも切らずに訪れたと言うくらいの名人だった様です。
当時の食通の間では、”金”と追えば”神田川の金”だったと言う事です。
榎本滋民さんが、「素人鰻」の解説で言われていたので、本当なのでしょう。知らなかったなあ・・・・

『ネタ』
「ニホンウナギ」は絶滅危惧種」になったそうですが、天然の鰻なんてのはかなり前から絶滅を言われていましたね。
稚魚も不良でここ数年は価格も高くなっていましたが、今年は若干豊漁だそうで、少しだけ値段が下がりました。(少しだけですがw)

「夏の医者」は腹に障る?

ff0c420c『夏の医者』
今日は真夏に相応しいお噺です。
私なんか、これはもう圓生師以外考えられないのですが、上方の方は枝雀師なんでしょうね。残された動画を見ると、あのパワフルさは「夏の医者」とも思えぬ程ですね。

【原話】
原話は、明和2年(1765年)に出版された笑話本・「軽口独狂言」の一遍である『蛇(うわばみ)の毒あたり』だそうです

【ストーリー】
ある暑い夏の日に、鹿島村の勘太もダウンしたのか、ご飯を茶碗に七、八杯しか食べることが出来ないと言う。「もう歳だから」と息子が心配していると、見舞いに来たおじさんが「隣の一本松村の玄伯先生に往診してもらえば」と言う。
それを聞いた息子はおじさんに留守を頼み、ばっちょう笠に襦袢一枚、山すそを回って六里の道を呼びに行った。

汗だくになって訪ねてみると、玄白先生は畑で草取りの真っ最中。早速頼み込み、息子が薬籠を背負って二人で村を出発した。
「山越えのほうが近道だべ」 先生がそう言うので、二人で山の中をテクテク。山頂に着いたときには二人とも汗びっしょりになっていた。
そこでしばらく休憩し、さぁでかけよう…とした所で、なぜかあたりが真っ暗になった。周囲はなぜか温かい、はておかしいと考えて…。
「こりゃいかねえ。この山には、年古く住むウワバミがいるてえことは聞いちゃいたが、こりゃ、飲まれたかな?」
「どうするだ、先生」
「どうするだっちって、こうしていると、じわじわ溶けていくべえ」
うっかり脇差を忘れてしまい、腹を裂いて出ることもできない。

どうしようかと考えている先生の頭に、あるひらめきが舞い降りた。
息子に預けた薬籠を渡してもらい、中から大黄の粉末を取り出すと、ウワバミの腹の中へパラパラ…。『初体験』の大黄に、ウワバミは七転八倒…ドターンバターン!
「薬が効いてきたな。向こうに灯が見えるべえ、あれが尻の穴だ」
ようやく二人は下されて、草の中に放り出された。

転がるように山を下り、先生、さっそく診察すると、ただの食あたりとわかった。
「なんぞ、えかく食ったじゃねえけ?」
「あ、そうだ。チシャの胡麻よごし食いました。とっつぁま、えかく好物だで」
「それはいかねえ。夏のチシャは腹へ障(さわ)ることあるだで」
薬を調合しようとすると、薬籠はうわばみの腹の中に忘れてきてない。

困った先生、もう一度飲まれて取ってこようと、再び山の上へ登っていく。

一方…こちらは山頂のウワバミさん。下剤のせいですっかりグロッキーになってしまい、松の大木に首をダランと掛けてあえいでいた。
「あんたに飲まれた医者だがな、腹ん中へ忘れ物をしたで、もういっぺん飲んでもれえてえがな」
ウワバミは首を横に振っていやいや。
「もういやだ。夏の医者は腹へ障る」

【演者】
個人的には六代目圓生師ですが、上方では枝雀師が有名ですね。
今では多くの噺家が演じています。
東京では、四代目橘家円蔵師から六代目三遊亭圓生師に直伝で継承されました。

【注目点】
やはり、田舎ののんびりとした風景を感じられれば良いと思います。

『能書』
「ちしゃ」と言う野菜が良く判らないのですが、「葉萵苣」と言う名前の野菜の事だそうで、西洋ではレタス、日本では小松菜が同族の品種だそうです。
「大黄」と言うのは今でも漢方薬に使われていますね。

『ネタ』
このお医者さんは、普段は農業をしていて、病人が出た時だけ医者として活動するのでしょうね。
患者の具合より、作物の出来が心配なくらいのお医者さんですから、きっと息子さんも、「たいした事は無いかもしれないが、一応見てもらおう。何でもなかったら安心だから」位の感覚だったのでしょうね。

夏の噺ならこれ! 「唐茄子屋政談」

bea37174 東京は、お盆も終わりました。本格的な夏(既にかなり暑いですが)がやって来ます。
『唐茄子屋政談』
今日は夏の人情噺の傑作です。良い噺です。

【原話】
古い噺で、講釈からの落語になったようです。上方落語にも演題は違いますが同じ様な噺があります「南京政談」と言う様です。多少違っている様ですが、元は同じ講釈の「大岡政談」だと思います。

【ストーリー】
道楽が過ぎた若旦那、勘当されても「お天道さまと米の飯はついて回る」とうそぶいて反省の色がありません。
ころがりこんだ先の友人たちからも見放され、親戚を頼っても相手にされず、とうとう宿無同然となって吾妻橋から身投げしようとするところを、偶然通りかかった叔父に止められます。

「お、叔父さん……! お願いです、助けてください」「なァんだ、てめえか……止めるんじゃなかった。さ、飛び込みな」口では散々悪態をつくものの、その実甥の行方を心配し続けていた叔父の家に連れて行かれた若旦那は、心を入れ替えて何でも叔父のいう事を聞くと約束をします。

翌日若旦那は叔父に言われて天秤棒を肩に、慣れない唐茄子の行商を始めるのですが、肩に食い込む重さのあまりに「人殺しィ!」と荷を投げだす始末です。
通りかかった人たちの情けで唐茄子を買ってもらい、今更ながらに人情の温かさを味わいます。、売り声の稽古をしようと吉原田舗に来かかると、ついつい花魁との甘い思い出に浸って一人で惚気てしまう若旦那でした。

気を取り直した若旦那は、その内に誓願寺店を通りかかり、ぼろをまとってはいるがどこか品のあるおかみさんに呼び止められて唐茄子を売ります。
夫は浪人で今は遠くで行商をしているが、うまくいかないのか送金が滞っているという。
この身の上話を聞き同情した若旦那は、お腹をすかせた子供に自身の弁当を食べさせ、「おあしはいりませんから、ここにわずかながらお金があるんで、これを差し上げます。これで何か買ってくださいまし。」
と唐茄子の売り上げを無理強いに渡して去ります。涙を流して喜ぶ母子ですが・・・

入れ違いにきた因業な大家が、「店賃としてもらっておくよ。」と取り上げてしまいます。そうとは知らない若旦那、家に帰って叔父に売り上げを差し上げた事を言うのですが、
「お前、そんな嘘をついてどうする。」と信じてもらえませんので、やむなく、叔父ともども誓願寺店に来ます。

昼間と様子が違い、蜂の巣をつついた騒ぎです。
訳を聞くと、件の母子が、親切な人から恵んでもらったお金を大家に取られたことを苦に心中を図ったというのです。
幸い母子とも無事だったが、怒った若旦那は大家を殴り長屋の者も加勢する。裁きの末、大家はきついおとがめを受け、母子は叔父の持っている長屋へ引き取られ、若旦那は奉行から青差五貫文の賞金とお褒めを受け勘当も許されるのでした。


【演者】
明治期では初代円右師や三代目小さん師という三遊派、柳派を代表する名人が得意にしました。
最近では圓生師、志ん生師、等名人が演じています。
個人的には志ん朝師のが好きですね。

【注目点】
その昔は母子とも助からずに亡くなってしまう設定でした。
落語研究会での圓生師はこの辺を曖昧にしています。
最近の演者はほとんど助かる演出だと思いますが、助からない演出でやってる方もいますね。確か先代の圓楽師は助からない演出だったかな?
また、かなり古くから政談の部分は演じられて無いと言う事です。と言うか落語にした時に政談の部分を落としてしまったのでは? と思います。

母子が亡くなってしまうと言う設定も、善行の難しさを表していて良いと言う評価もある様ですが、今の観客にはきつい設定なんでしょうね。

『能書』
談志師が「人情八百屋」と言う噺を残しています。元は浪曲で、春日清鶴と言う方の「頭と八百屋」から落語にしたそうです。その浪曲の元はやはり講談の大岡政談の「伊勢の初旅」の冒頭だと言う事です。
あらすじは書きませんが、かなり似ている設定です。多少違うしオチもついています。

『ネタ』
長い噺です。たっぷり演じると一時間はかかる噺です。その為、寄席では前半の若旦那が浅草田圃でのろける所で切ることが多かったそうです。志ん生師や金馬師もその切った音源が残っています。
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ