はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

今日はね、ちゃんとやりますよ! あたしは

「やかん」という噺

6f00422d『やかん』
今日はこの噺です。調べて見ると秋の噺だそうです。

【原話】
原話は、明和9年(1772年)に刊行された『鹿の子餅』の一遍である「薬罐」という話です。

【ストーリー】
この世に知らないものはないと広言する隠居。
長屋の八五郎が訪ねるたびに、別に何も潰れていないが、愚者、愚者と言うので、一度へこましてやろうと物の名の由来を次から次へと訪ねます。
ところが隠居もさるもの、妙てけれんなこじつけで逃げていきます。
色々な事を聞いたのですが、中々埒があかないので、とうとう薬缶の由来について訪ねます。
少々戸惑った隠居でしたが、ひらめくと滔々と語ります。
 やかんは、昔は軍用に使い、本来は水沸かしというべきもので、もっと大きかった。
 戦の最中大雨の夜、油断をして酒に酔っていると、突然の襲撃に、夜討ちでござる、夜討ちだぁと叫んでみんな大慌て。
 具足を付けたまま寝ていたひとりの若大将が、ガバッと跳ね起きたが兜がない。近くにあった大きな水沸かしの湯を空けて頭に被ると、馬の蹄を蹴立てて敵陣に切込む。敵方は雨のように矢が射るが、当たっても矢がカーン、当たっても矢カーンと跳ね返される。それでやかんという。また、熱いまま被ったので蒸れて毛がすっかり抜けてしまい、それから禿頭をやかん頭という。
 ツルは顎紐に、蓋は口にくわえて面の代わり、口は敵の名乗りを聞くための耳だ、
耳が下を向いているのは雨が入らないように。
 どうして耳が片方しかないんだい?
 片方がないのは、寝る時に枕をあてるため……。

【演者】
三代目金馬師や六代目圓生師をはじめ多くの噺家さんが演じています。

【注目点】
実は余り言われていませんが、「根問」というのは上方落語の題名で、江戸落語ではこのように誰かに聴く噺でも「根問」という題名はつけられていません。
この噺とか「千早振る」などもついていませんね。そのあたりを考えると面白いです。

『能書』
落語には「根問いもの」と呼ばれるジャンルがあります。
大抵は、八五郎が隠居の処に行き、色々な事を聞くという設定です。
問われた隠居は、、実は知らないのにさも知っていたかのように話すという具合です。
代表的な噺に「千早ふる」「浮世根問」「商売根問」それに「恋根問」なんてのもあります。それから「絵根問」なんてのも有るみたいです。(勿論、聴いたことはありません)

『ネタ』
その昔は知ったかぶりをする人を「やかん」と呼んだそうです。落語以外では聞いたことありません。ホントかしら?

「だくだく」という噺

016fa7b9-s『だくだく』
今日はナンセンス落語の代表とも言えるこの噺です。
実は結構好きな噺なんです。

【原話】
1773年「芳野山」の「盗人」が元
上方では「書割盗人」

【ストーリー】
八つあんの家は貧乏で家に何もない
なので、絵を書く先生を呼んできて、家に家具やらなんやらの絵を壁に書いてもらう
その夜、泥棒が入ってきて、取るものが何もないのでがっかり。
家に入って何も取らずに帰るのも泥棒の名折れなので、すべて取ったつもりにしよう!ということになる
「たんすを開けたつもり。風呂敷にものを包んだつもり…」
にわかに物音が聞こえて起きた八つあん
大変だ!と思いかけたが、驚かず、このまま返したんじゃこちらも名折れだ!と
「槍をもったつもり、泥棒の脇腹をついたつもり」
すると泥棒が
「あーいててて、血が だくだく と出たつもり」

【演者】
私の世代では何と言っても十代目文治師がよく高座に掛けていましたね。
後は談志師が好きでよく演じてました。そうそう圓窓師も寄席でやってました。
今は志の輔師の演目ですね。
【注目点】
ナンセンス落語の極みですねえ(^^)
好きな噺の一つですね。これとか「ぞろぞろ」なんてのもいいですねえw
高座を見ていて実際に高座に箪笥や火鉢が見えた様な気がしたら、噺家さんは大したものです。
落語に出て来る泥棒は実に楽しい人物が多いですね。
「夏泥」なんかもそうですし、悪人なのに善人?だと言う(^^)
こんな泥棒ばかりなら犯罪は減りますね。

『能書』
四代目痴楽師はこの噺を演じて下がろうとしたら客から「面白かったつもり」と言われたので「いやな客のつもり」と返したらウケたそうです。

『ネタ』
ご存知でしょうが、芝居の大道具で背景に使う絵を「書割」と言います。

「紀州」という噺

90a71ea3『紀州』
八代将軍吉宗が将軍に即位したのが享保元年(1716年)8月13日なので、もう立秋を過ぎている(しかも旧暦)なので秋の噺とします。

【原話】
原話は、松浦静山が文政4年(1821年)に出版した随筆・『甲子夜話』の「第十七巻」に収められています

【ストーリー】
七代将軍家継が幼くして急死し、急遽、次代の将軍を決めなければならなくなりました。
候補は尾州侯と紀州侯。
どちらを推す勢力も譲らず、幕閣の評定は紛糾。

ある朝、尾州侯が駕籠で登城する途中、遠くから鍛冶屋が「トンテンカン、トンテンカン」と槌を打つ音がします。
それが尾州侯の耳には「テンカトル、テンカトル」と聞こえました。

これは瑞兆であるとすっかりうれしくなったが、最後の大評定の席では、大人物であることをアピールしようと、
「余は徳薄く、そのの任に非ず」と辞退してみせます。
むろん、二度目に乞われれば、「しかしながらァ、かほどまでに乞われて固持するのは、
御三家の身として責任上心苦しい。しからば天下万民のため……」ともったいぶって受ける算段でしたが・・・

ライバルの紀州侯は、同じように「余は徳薄くして……」と断ったまではよかったのですが、
その後すぐに「しかしながらァ」ときたので尾州侯は仰天します。

「かほどまでに乞われて固持するのは、御三家の身として責任上心苦しい。しからば天下万人のため」
と、自分が言うつもりのセリフを最初から言われてしまい、あえなくその場で次期将軍は紀州侯に決まってしまいました。

野望がついえてがっかりした尾州侯、帰りに同じ所を通りかかると、また鍛冶屋が「テンカトル、テンカトル」
「おかしいなぁ」と考えていると、
親方が焼けた鉄に水をさして、「キシュー」

【演者】
これは色々な噺家さんが演じています。最近で感心したのは小朝師でした。若い頃のやり方とは違っていて、噺の合間に色々な史実を挟んで楽しませてくれました。

【注目点】
鍛冶屋のシーンでは親方の左側で焼いています。真ん中にふいごがあり水は右側なので、水に突っ込むシーンでは扇子を右手に持ち替えるのが本当だとか。

『能書』
この尾張候は、尾張藩第六代・徳川継友です。
八代将軍吉宗となった紀州公への怨念?は息子の代まで尾を引きます。
継友が享保15年(1730)に憤死した後、嗣子の宗春は吉宗の享保改革による倹約令を
無視して、藩内に遊郭の設置、芝居小屋の常時上演許可など、やりたい放題やったため、
ついに逆鱗に触れて、元文4年(1739)、隠居謹慎を命じられました。
これは有名な話しですね。

『ネタ』
実際は七代将軍家継の遺言によって決められたそうです。
落語は如何にもという感じが良いですね。

「水屋の富」という噺

G2619152W『水屋の富』
あまりにも暑いので夏の噺が続きますが、これで終わらせ、次回からは秋の噺にしようと思っています。夏の噺の最後はこの噺

【原話】
原話は明和5年刊の笑話本「軽口片頬笑」中の「了簡違」、安永3年刊「仕形噺」中の「ぬす人」、
さらに文政10年刊「百成瓢」中の「富の札」などで、いくつかの小咄をつなぎあわせてできた噺です。

【ストーリー】
ある水屋、独り者で身寄りはなし、わずらったら世話をしてくれる人間もないから、
どうかまとまった金が欲しいと思っている矢先に、千両富が当ります。
小判を、腹巻と両袖にいっぱい入れてもまだ持ちきれないので、股引きを脱いで先を結び、
両股へ残りをつっ込んで背負うと、勇んでわが家へ帰ります。
しかし商売の辛い処、休む訳には行きません。
 そこで床下に金を隠して出かけるのですが、泥棒が入ったらどうしようとか、
畳を一畳上げて根太板をはがし、丸太が一本通っているのに五寸釘を打ち込み、先を曲げて金包みを引っかけます。これで一安心と商売に出たものの、まだ疑心暗鬼は治まりません。
 すれ違った野郎が実は泥棒で、自分の家に行くのではないかと跡をつけてみたり、
一時も気が休まりません。
夜は夜で、毎晩、強盗に入られてブッスリやられる夢を見てうなされる始末です。
 隣の遊び人が博打でスッテンテンになり、手も足も出ないので、金が欲しいとぼやいていると、水屋が毎朝竿を縁の下に突っ込み、帰るとまた同じことをするのに気がつきます。
なにかあると、留守に忍び込んで根太をはがすと、案の定金包み。取り上げるとずっしり重い。しめたと狂喜して、そっくり盗んでずらかります。
 一方水屋、いつものように、帰って竹竿(たけざお)で縁の下をかき回すと、感触がありません。根太をはがしてみると、金は影も形もない。
「ああ!これで苦労がなくなった」

【演者】
三代目小さん師の十八番でしたが、戦後は志ん生師の独壇場でした。
息子の馬生師や志ん朝師も演じていました。

【注目点】
如何にも落語らしい噺ですが、十代目馬生師は「文七」や「鰍沢」以上の難しい噺だと語っていたそうです。
苦労の割にはウケない損な噺だとか。

『能書』
水屋さんとは、昔江戸では井戸等を掘っても海水等が交じった水しか出ない地域がかなりありました。
江戸市中は水道井戸がありましたが、水道の届いていない地域もありました。
そんな地域に飲み水を売って歩いたのが、水屋さんでした。
また、白玉等を入れて甘く冷やしたモノ等も売ったそうです。

水道を桝(ます)という取水口からくみ取って販売して歩いたそうです。
毎日市中を歩き重い桶を前後2桶で1荷(か)と数えていたそうですが、
これでわずかの4 文。当時かけ蕎麦が16 文ですからねえ、如何に安かったか。

今から考えたらこんな仕事はだれやもらないと思いますが、
それでもお得意がいて、どこの家の水がめにはこのぐらいの水がまだあるか分かっていて、独り者の家などは留守にしても、水がめのふたの上に小銭を置いておけば
そこへ水屋さんが寄って水を補給してくれたそうです。

『ネタ』
この噺には、運命をありのままに受け入れる哲学を説き、江戸庶民に広く普及していた、石田梅岩の
石門心学の影響が見られると云われているそうですが、そこまで大げさに考えるのもねえ……。
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

hajime

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ