はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

今日はね、ちゃんとやりますよ! あたしは

「井戸の茶碗」という噺

3672764f『井戸の茶碗』
 今日はこの噺です。秋の噺かと問われると怪しいのですが……。

【原話】
講談ネタの「細川茶碗屋敷の由来」を落語に移したものと言われています。
志ん生師は一時講談をやっていた事もあるので、その時に仕入れたのでは、と云われています。でも代々の柳枝師に受け継がれていたそうです(初代から三代目は確認が取れています)

【ストーリー】
 麻布茗荷谷に住むくず屋の清兵衛さん、人呼んで正直清兵衛と呼ばれています。
ある時、清正公様脇の裏長屋で器量の良い質素ながら品のある十七,八の娘に呼ばれます。
貧乏浪人の千代田卜斎から普段扱わない仏像を、それ以上に売れたら折半との約束で、二百文で預かります。
 その後、白金の細川家の屋敷で呼び止められ、仏像が気に入ったと、細川家の家来・高木佐久左衛門が三百文で買い上げてくれます。
 高木が仏像をぬるま湯で洗っていると、底に張ってあった紙がはがれ、中から五十両の金が出てきました。
「仏像は買ったが五十両は買った覚えはない。自分の物ではないので、売り主に返してやれ」
と、清兵衛に渡すがのですが、卜斎は、
「売った仏像から何が出ようとも自分の物ではない」
と受け取りません。清兵衛が、高木と卜斎の間を行ったりきたりするがらちがあきません。困った挙げ句家主に相談すると、家主は「高木に二十両、卜斎に二十両、清兵衛に十両」の案を出します。高木は納得するが、どうしても卜斎は納得しません。
 「どんな物でも先方に渡し金を受け取れば、貰った事にはならない」
と、家主が勧め、やっと納得した卜斎はいつも使っている古く茶渋で汚れた茶碗を渡し二十両の金を受け取ります。
 この美談が細川の殿様の耳に入り、「茶碗が見たい」と言う。高木が茶碗をお見せすると、たまたま、出入りの目利きが拝見し、これが何と名器「井戸の茶碗」だと判り、殿様が三百両で買い上げる事になります。
 このお金を見て高木は考え込んでしまいました。清兵衛も困ったが、先例にならい半分の百五十両を卜斎の元に届けると、卜斎も困ったが考えたあげく、
「もう渡す物もない。独身の高木殿は正直なお方の様だから娘を嫁に差し上げ、結納代わりなら金を受け取る」
と、言います。さっそく清兵衛が高木にこの事を伝えて、
「良い娘だからお貰いになりなさい。今は貧乏でひどいナリをしているが、高木様の手で磨いてご覧なさい、美人になりますよ」
 すると高木、
「いやぁ、もう磨くのはよそう。また小判が出るといけない」。

【演者】
今では各一門でも演じますが、古今亭の噺です。

【注目点】
五代目柳朝師はこの噺を演じるにあたって「欲を出さずに演じる事が大事」と語っていました。個人的には圓菊師のが好きです。

『能書』
この登場する「井戸の茶碗」は朝鮮半島で作られた茶碗で、「一井戸、二楽、三唐津」と言われ、古くから最上の茶碗として重宝されたそうです。

『ネタ』
戸詰めの勤番侍の住居は、上屋敷の「長屋」で、二階建てが普通でした。
下は中間や小者が住み、上に主人(武士)が住んでいます。
 行商人等からものを買うときには、表通りに面した高窓から声をかけ、そこからざる等を下ろして品物を引き上げます。これは、「石返し」にも登場します。

「王子の狐」という噺

05c31680-s『王子の狐』
10月に入ったこともありますので「王子の狐」です。

【原話】
 1712年の「笑眉」の「初心なきつね」です。これが上方の噺家さん達によって「高倉狐」と言う噺になりました。これを初代三遊亭圓右が東京に移植し、設定や題名を東京に合うように変えたのです。
 落語の噺にはこのように西から東に移植された噺が多くあります。(逆も少しですがあります)
 もうひとつは、「百川」と同じように噺に出て来る「扇屋」の宣伝用の噺ではないか?とも言う説があります。これはこの当時宣伝効果を兼ねて噺が作られ、寄席で演じられ宣伝の役目を担ったからです。

【ストーリー】
ある男が王子稲荷に参詣した帰り道、一匹の狐が美女に化けるところを見かけます。
よく見るとお、これから人を化かそうというつもりの様です。
そこで「ここはひとつ、化かされた振りをしてやれ」と思い狐に声をかけます。
「お玉ちゃん、俺だよ、よければ、そこの店で食事でも」と声を掛けると、
「あらお兄さん、お久しぶり」と狐も合わせてきます。
そして近くの料理屋・扇屋に上がり込んだ二人、天ぷらなどを注文し、よろしくやっていると、
狐のお玉ちゃんはすっかり酔いつぶれ、すやすやと眠ってしまいます。そこで男、
土産に卵焼きまで包ませ、「勘定は女が払う」と言い残すや、狐を置いてさっさと帰ってしまいます。
しばらくして、店の者に起こされたお玉ちゃん、男が帰ってしまったと聞いて、びっくりしたあまり、
耳がピンと立ち、尻尾がにゅっと生え正体を表してしまいます。
正体露見に今度は店の者が驚いて狐を追いかけ回し、狐はほうほうの体で逃げ出します。
狐を化かした男は友人の家に行き、吹聴するが「ひどいことをしたもんだ。狐は執念深いぞ」と脅かされ、
青くなって翌日、王子まで詫びにやってくる。巣穴とおぼしきあたりで遊んでいた子狐に「昨日は悪いことをした。謝っといてくれ」と手土産を渡します。
穴の中では痛い目にあった母狐がうんうん唸っています。子狐、「今、人間がきて、謝りながらこれを置いていった」と母狐に手土産を渡します。
警戒しながら開けてみると、中身は美味そうなおはぎ。
「母ちゃん、美味しそうだよ。食べてもいいかい?」
「ああ食べるんじゃない!馬の糞かもしれない」

【演者】
 個人的に好きなのは八代目春風亭柳枝師です。他では十代目金原亭馬生師が良いですね。その他小さん師や志ん朝師等、色々な噺家さんが演じています

【注目点】
 やはり、男よりも女の子に化けた狐をどう演じられるかでしょう。なるべくなら愛嬌良く演じて欲しいです。それと最後の子狐も可愛く演じて欲しいですね。

『能書』
王子稲荷は関東の稲荷社の総元締で、格式があります。
「紋三郎稲荷」の中でも、「行く先は王子稲荷」と言っている様に大晦日には関八州の稲荷神社から狐たちが集まりまり狐火を炊いたと言われています。

『健二のネタ』
噺に出て来る王子の「扇屋」ですが、慶安元年(1648)三代家光公の時代に初代弥左衛門が農業のかたわら
掛け茶屋をしていたのが始まりで、卵焼きが名物の割烹料理屋です。
丸く、ケーキの様な形です。
今では料理屋は止めて卵焼きのみを売っています。確かデパートにも降ろしていたと思います。

この辺一帯は江戸時代、特に八代吉宗公の時に開発された地域で、この時に隅田川の桜や飛鳥山の桜等と一緒に開発されました。
5c594516

「火焔太鼓」という噺

a690f138『火焔太鼓』
少し間が空いてしまいまいした。申し訳ありません。で、今日はこの噺。これが秋の噺かというと少し疑問ですが、とりあえず取り上げます。

【原話】
江戸時代から伝わる小さな噺を、明治末期に初代遊三師が少し膨らませて演じていたそうです。
この高座を修行時代に楽屋で聴き覚えた志ん生師が、後に独自のくすぐりを入れるなどして志ん生師の創作といってもよい程に仕立て直し、現在の形としました。

【ストーリー】
女房に叱られてばかりの道具屋の甚兵衛さん。
今日行ってきた市では、時代物の太鼓を買ってきたといって自慢をしている。
ところが、それを聞いてあきれる女房。一見しても分かるような埃だらけで汚い太鼓なんぞ売れる訳がないと、亭主の商売下手についてあれこれ言い始める。
 それに懲りない甚兵衛さんは、少しでも太鼓を綺麗に見せたいからと、小僧に埃をはたかせていると、太鼓の音が鳴り、その音を聞きつけた殿様の命を受けた供の者が店を訪れる。
太鼓を見せるために殿様の屋敷を訪ねる甚兵衛さん。こんな汚い太鼓を買ってくれるはずがないと思っていたら、何と300両で買い上げてくれるという。
その訳を聞いてみると、持参したのは「火焔太鼓」という高価な品物だという。早速、金子を受け取り、家に帰り、早速女房に50両ずつたたきつけて溜飲を下げる。おかみさん、仰天して危うく気絶しそうになる。
 味をしめた甚兵衛さんが、音がするものだから良かった、次は景気よく半鐘を仕入れようとおかみさんに言うと、おかみさんそれを押しとどめ、
「半鐘? いけないよ、おジャンになるから」

【演者】
やはり志ん生師ですが、志ん朝師も良かったですね。十代目文治師や八代目圓蔵師得意にしていました。今でも多くの噺家さんが演じます。

【注目点】
志ん生師は、お正月等に演じる時は「オジャン」では縁起が良くないと、「どんどん儲かる」とサゲていました。

『能書』
この噺のもう一つの眼目はこの夫婦の会話の味ですね。
ここに重点を置いて噺を構成する噺家さんもいます。(先代柳朝師や現権太楼師)
志ん生師の晩年の録音ではやはりここに重点を置いていました。なんだか志ん生師夫婦の会話を思わせる描写もありましたね。
 噺の中で、甚平衛さんが切り餅を五十両ずつ出すのは、武士からお金を受け取ってきたからですね。
商人だとまた、違ってきます。
そんな処も芸の細かさ確かさですね。

『ネタ』
 火焔太鼓とは雅楽で使われる大太鼓の一つで、火焔形の装飾があります。
直径180cm位の大きさなので本来はとても持てるものではありません。
 馬生師は噺で、大八車でお屋敷に運んだがのですが、志ん生師は
「それだから噺が下手なんだ。実際の大きさなんてどうでも良いんだ」
と言ったそうです。実証すると馬生が正しいのですが、噺のおもしろさから言うと、志ん生の解釈なのでしょう。そして落語の世界ではそんな火焔太鼓もあったという事なんですね。

「蜘蛛駕籠」という噺

59913441『蜘蛛駕籠』
今日は談志師の最後の演目と言われているこの噺です。

【原話】
上方落語「住吉駕籠」が三代目小さん師によって東京に移されました。

【ストーリー】
鈴が森で客待ちをしている駕籠(かご) 屋の二人組。
ところが、前棒がおめでたい野郎で、相棒がはばかりに行っている間に、茶店のおやじをつかまえて
「だんな、へい駕籠」と遣る始末です。
次に来たのが身分のありそうな侍で、「ああ駕籠屋、お駕籠が二丁じゃ」「へい、ありがとう存じます」
「前の駕籠がお姫さま、後ろがお乳母殿、両掛けが二丁、お供まわりが四、五人付き添って」
と言うから、てっきり上客と思い、喜び勇んで仲間を呼びに行きかけたら
「そのような駕籠が通らなかったか」・・・
その次は酔っぱらい。
女と茶屋に上がり、銚子十五本空にして、肴の残りを竹の皮に包んで持ってきたことや、
女房のノロケをえんえんと繰り返し、おまけにいちいち包みを懐から出して開いてみせるので、
駕籠屋は閉口。
今度は金を持っていそうなだんなが呼び止めるので、二人は一安心。
酒手もなにもひっくるめて二分で折り合いがつき、天保銭一枚別にくれて、
出発前にこれで一杯やってこいといってくれたので、駕籠屋が大喜びで姿を消したすきに、なんともう一人が現れて、
一丁の駕籠に二人が乗り込みます。
帰ってきた駕籠屋、やせただんなと見えたのにいやに重く、なかなか棒が持ち上がらないので変だと思っていると、中からヒソヒソ話し声が聞こえるから、簾をめくるとやっぱり二人。
文句を言うと、江戸に着いたらなんとでもしてやるからと頼むので、しかたなくまたヨロヨロと担ぎ出します。
ところが、駕籠の中の二人、相撲の話になり、ドタンバタンと取っ組み合いを始めたからたまららない。
たちまち底が抜け、駕籠がすっと軽くなります。
下りてくれと言っても、修繕代は出すからこのままやれ、オレたちも中で歩くからと、とうとう世にも不思議な珍道中が出現します。
これを見ていた子供が、
「おとっつぁん、駕籠は足何本ある?」
「おかしなことォ聞くな。前と後で足は四本に決まってる」
「でも、あの駕籠は足が八本あるよ」
「うーん、あれが本当のクモ駕籠だ」

【演者】
広く演じられていますが、やはり柳派の噺家さんが多いようです。

【注目点】
住吉大社が舞台ですが、舞台を鈴が森に変えました。
五代目小さん師は「この噺はトントンといかないと駄目だそうです。

『能書』
雲助は芝居や時代劇では悪く描かれていますが、事実は落語の様に善良な人が多く、米朝師も噺の中で、
「こういう(住吉街道のような人通りの多い)ところの駕籠屋は、街中の辻駕籠同様、いたってタチがよかったもので」と語っています。

『ネタ』
籠の底が抜けて、客が歩く部分の原話は享保12年の笑話本「軽口初賣買」中の「乗手の頓作」ですが、
実在した大坂・船場の豪商で奇人として有名だった河内屋太郎兵衛の逸話をもとにしたものともいわれます。
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
プロフィール

hajime

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ