はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

今日はね、ちゃんとやりますよ! あたしは

もうすぐ四万六千日ですね。「船徳」

33cda358ご無沙汰をしておりました。怪我の具合も大分良くなりまして、そろそろこのブログも更新して行きたいと思います。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。またよろしくお願い致します。

 え〜六月もそろそろ終わりですね。来月に入りますと「四万六千日」があります。そこで再開第一は名作とも言える「船徳」です。

『船徳 』
 八代目文楽師で余りにも有名な夏の噺ですね。もう演じる噺全てが十八番と言っていた師ですが、特にこの噺は有名です。晩年は医師に止められていたそうですが、それでも演じて楽屋で苦しそうにしていた話は有名です。

【原話】
元は、「お初徳兵衛浮名の桟橋」という、近松の「曽根崎心中」の登場人物の名を借りた長編の人情噺だったのですが、明治期に初代(鼻の)圓遊師が発端を改作して、滑稽噺としました。

【ストーリー】
女遊びに夢中になり親族会議で勘当され、女の元にしけこんだ若旦那の徳さん。
金が無くなり、追い出されてフラフラ歩いている所を船宿の親方が引き取りました。
しばらく居候を決め込んでいたですが、船頭にしてくれと親方に頼みます。
もちろん親方は断るのですが、それなら他所でと脅かす始末で、結局修行を始めます。

教える方も教わる方もいい加減で、、根っからの優男なので、腕が上がりません。
四万六千日で、他の船頭が出払った日、馴染み客が来て、無理やり頼まれ船を出しましたが、もやいを解かずに動かそうとしたり、一騒動です。
何とか出た途端に竿を流して慌てて櫓に切り替えると、同じ所をぐるぐる回り、
川辺の石垣にくつっけてしまいました。

お客の傘で押してもらったら蝙蝠傘が石垣に刺さって取れなくなります。
戻れと言う客に「戻れない!、諦めなさい、傘と命とどっちが大事か」と説得する始末。
 
やっとこさっとこ桟橋の近くまで来た所で、客を降ろしましたが、陸に上がった客が、大丈夫かと声をかけると
「すいません、誰か船頭を呼んでください」

【演者】
もう八代目文楽師を筆頭に色々な噺家さんが演じています。古今亭志ん朝師も文楽師に負けない高座を聴かせてくれます。皆さんも好きな噺家さんで聴いてみて下さい。
個人的におすすめなのが、五代目春風亭柳朝師ですね。なんせ登場人物全てが江戸っ子と言う感じが好きです。

【注目点】
やはり船を漕ぎ出したあたりの船の上の徳さんと、川岸に居る人(竹屋のおじさん)との会話の描写だと思います。距離が離れているので演じ方が難しいです。
若い頃の小三治師はここだけの話ですが、やたら大声を張り上げていて、今なら考えられ無い演出をしていました。勿論、その後はそんな事はありません。

『能書』
船宿大升は柳橋で、神田川と隅田川が合流する当たりです。
目的地の大桟橋は、、榎本滋民氏によると待乳山聖天の側にある今戸橋の手前にあったそうです。ですから本職の船頭なら分けない距離ですが、初の船頭の徳さんには荷が重かったみたいですね。
鼻の圓遊師の速記には、徳さんの実家は夫婦養子を取る事になりそれに家業を継がせるという事を人づてに聴いたという描写があるので、船頭になる理由がうなずけますね。

『ネタ』
「四万六千日」とは、浅草寺に、この日参拝すると四万六千日分参拝したことと同じ功徳があるというご縁日のことです。本当にあるかは、判りません(笑

志ん生師も「お初徳兵衛」で演じています。(船徳とは違いますが)
今ではほとんどの噺家さんが一度は演じているでしょうね。
志ん朝師も若い頃から自信のある噺だったそうで、結構高座に掛けたそうです。
「お初徳兵衛」ではこの後一人前の船頭になり、いい男なので評判になります。(その後の甘いロマンスもあります)

怪我をしてしまいました。

実は先日、足の怪我をしてしまいました。
 仕事が繁盛期と言う事もあり、注意不足でした。
やっと回復に向かって来ました。
今暫く更新を休ませて戴きます。申し訳ありません。m(_ _)m

宮戸川と言う噺

00014『宮戸川』
暑いですね〜 一気に夏が来た感じです。そこで、少し早いですが、夏らしい噺の「宮戸川」です。

【原話】
芝居噺が得意だった初代三遊亭円生の作といわれています。明治中期までは、初代円右師や三代目柳枝師などが、芝居噺になる後半までを通して、長講で演じることがあり、柳枝師の通しの速記も残されています。
芝居噺が廃れると、次第に後半部は忘れ去られ、今ではほとんど演じられなくなりました。

【ストーリー】
将棋で帰りが遅くなって締め出しを食った小網町の半七は、霊岸島の叔父さんのところに泊めて貰おうと思っていると、お花もカルタで遅くなり同じように閉め出されてしまいます。お花は叔父さんの所に一晩泊めて貰えないかと頼むが、早合点の叔父さんだから嫌だと断ります。
駆けだしていると、お花も直ぐ脇を走って追い越して、一緒に叔父さんの所に着きます。
飲み込みの良すぎる叔父さんは、案の定お花と半七をいい仲と勘違いして、2階に上げてしまいます。
しかたなく背中合わせで寝ることにしましたが、背中を向け合っていたのですが、折からの激しい落雷が近くに落ちたので、驚いてお花はが半七に抱きつきます。
思わず半七は理性を忘れて・・・・この先は本が破れてわかりません・・・
と現在の噺家さんは演じていますが、この先もあります。
現在、たまにしか演じられませんが、やはり芝居噺掛かりとなります。

簡単に筋を書きますと……。
翌朝、事態を完全に飲み込んだ叔父さんは二人に聴き、一緒になりたいとの事なので、
自分の兄の半七の父親に掛け合いますが、承知しません。
それならと、半七を養子にして二人を一緒にさせます。

それから四年ほどたった夏、お花が浅草へ用足しに行き、帰りに観音さまに参詣して、雷門まで来ると夕立に逢います。
傘を忘れたので定吉に傘を取りにやるのですが、その時、突然の雷鳴で、お花は気絶してしまいます。
それを見ていた、ならず者三人組、いい女なのでなぐさみものにしてやろうと、気を失ったお花をさらって、
いずこかに消えてしまいます。

女房が行方知れずになり、半七は泣く泣く葬式を出しますが、一周忌に菩提寺に参詣の帰り、
山谷堀から舟を雇うと、もう一人の酔っ払った船頭が乗せてくれと頼みこみます。
承知して、二人で船中でのんでいると、その船頭が酒の勢いで、一年前お花に酷い事をしたことを話します。
船頭もグルとわかり、ここで、と芝居掛かりになります。
「これで様子がガラリと知れた」
三人の渡りゼリフで、
「亭主というはうぬであったか」
「ハテよいところで」
「悪いところで」
「逢ったよなァ」
……というところで起こされます。
お花がそこにいるのを見て、ああ夢かと一安心。
小僧が、お内儀さんを待たせて傘を取りに帰ったと言うので、
「夢は小僧の使い(=五臓の疲れ)だわえ」
という地口オチになっています。

【演者】
この噺は多くの噺家さんが演じています。特に前半部分しか語られないことが多いので、若い噺家さんもよく演じます。逆に若さがモノを言う噺かも知れません。

【注目点】
際どい描写をどの程度まで演じるか? だと思います。明るく出来れば良いのではないでしょうか

『能書』
最近は後半も色々な噺家さんが演じるようになって来ました。NHKの「日本の話芸」で先日亡くなった三代目三遊亭圓歌師がやっています。新作派の師が演じたのは正直驚きましたが……。
後半に関しては後味の良い部分だけではありませんが、芝居噺とはどうようなものかを知るには良いと思います。

『ネタ』
宮戸川とは、墨田川の下流・浅草川の旧名で、地域でいえば山谷堀から駒形あたりまでの流域を指します。
「宮戸」は、三社権現の参道入口を流れていたことから、この名がついたとか。

粗忽長屋という噺

a0663894『粗忽長屋』
 今日は「粗忽長屋」です。

【原話】
寛政年間(1789〜1800)の笑話本『絵本噺山科』にある小咄です。
 
【ストーリー】 
 粗忽者の八五郎が浅草寺の門前で人だかりに出くわします。
聞けば、行き倒れの亡骸が発見されたが身元がわからず困っていると言うのです。
むりやり人垣をわけ、亡骸を見た八五郎は仰天。
「こいつは熊だ。あいつに教えなくちゃならねえ」
八五郎は長屋の隣人、熊五郎が死んだと思いこみ「本人を呼んでくる」と長屋へ飛んでいきます。
実は、熊五郎も粗忽者なので、「おれは死んだ気がしねえ」などと言いながら、八五郎と一緒に浅草寺へ向かいます。
「死人」の熊五郎を連れて戻ってきた八五郎に、周囲の人達はすっかり呆れてしまいます。
どの様に説明しても2人の誤解は解消できないので、世話役はじめ一同頭を抱えこんで仕舞います。
あげくに、熊五郎はその死人の顔を見て、悩んだ挙句、「間違い無く自分である」と確認する始末です。
「自分の体」を腕で抱いてほろほろと涙を流す熊五郎と見守る八五郎。2人とも本気なのです。
周囲の人の止めるのも聞かずに。体を持って帰ろうとする始末。
抱き抱えて居ると、熊五郎は八五郎に訪ねます。
「抱かれているのは確かに俺だが、抱いている俺はいったい誰だろう?」

【演者】
 個人的には五代目古今亭志ん生師と五代目柳家小さん師が双璧ですね。現役では人間国宝の柳家小三治師、そして落語協会会長の柳亭一馬師がよいですね。元々が滑稽噺ですので、柳家の噺家さんが良く演じています。

【注目点】
 お噺そのものが、自分の死骸を引き取りに行く噺なので、お客に「そんな馬鹿な事」と思わせないように演じなければなりません。その意味で、兄貴分の男がやたらに「お前は死んでる」とか「死ぬ」と言うセリフを喋らせてはイケマセン。白けてしまいますからね。兎に角お客を正気に返さぬ様にトントンとサゲまで運んで欲しいです。

『能書』
 もう一人の自分が存在するというのは、ドッペルゲンガーですね。これは精神分裂病に分類されています。(二重身)

『ネタ』
 行き倒れが担ぎこまれた、「自身番」」とは、町内に必ず一つはあり、防犯・防火に協力する事務所です。昼間は普通、町役(おもに地主)の代理である差配(大家)が交代で詰め、表通りに地借りの商家から出す店番(たなばん)1名、事務や雑務いっさいの責任者で、町費で雇う書役(しょやく)1名と、都合3名で切り盛りしたそうです。
 行き倒れの死骸の処理は、原則として自身番の役目なので、身元引受人が名乗り出れば
確認のうえ引き渡し、そうでなければお上に報告後回向院などの無縁墓地に投げ込みで葬る義務がありました。
 その場合の費用、死骸の運搬費その他は、すべて町の負担でしたので、自身番にすれば、かえって引き取ってくれたのは、渡りに船だったかも知れないと思います。




記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ