らくご はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

落語好きの人の為のブログです!

86286f9d『幇間腹』
この噺が秋の噺かと問われれば少し心もとないのですが、それでも取り上げたいと思います。

【原話】
原話は、安永9年(1780年)年に出版された笑話本『初登』の一編である「針医」と言われていますが、それより早く落語に近いのが1776年(安永5年)の「年忘噺角力」のなかにある「針のけいこ」です。
元々は上方落語の演目で、主な演者には2代目柳家小さんや5代目古今亭志ん生師等がいます。
そのせいか古今亭一門と柳家一門の噺家さんが多く掛ける様です。

【ストーリー】
あらゆる遊びをやりつくした若旦那が思いつた究極の遊びがなんと針治療の遊び!
さて、相手がいない・・・どうしよう、猫や壁、枕じゃ物足りない、人にやってみたいなあ〜と考え
思いついたのが、幇間の一八。
思いつかれた方はたまりません。一旦は断るのですが、針一本につき祝儀を弾むと言う。
おまけに羽織もこさえてくれると言う条件にしぶしぶ了解しますが、これが大変な事になってしまいます。下げは秀逸だと思います。

【演者】
先程も書いた通り古今亭一門を始め広く演じられています。三代目春風亭柳好師の十八番でもありました。

【注目点】
この針を打つシーンをやりすぎるとお客が引いてしまうので、加減が難しいそうです。

『ネタ』
その昔黒門町がこの演目を取り入れ様として、甚五郎を名乗っていた志ん生師に黒門町が稽古を頼んだそうです。志ん生師は黒門町の家まで来てくれて随分稽古したそうですが、なかなかモノにならないのでついに諦めたとか。
 今になってみると黒門町の「幇間腹」聴いてみたかったですね。

『能書』
鍼は、鍼医術の一派で、天和2(1682)年、盲人の杉山和一が幕命を受け、鍼治講習所を設置したのが始まりで、江戸をはじめ全国に爆発的に普及しました。
それ以来鍼医は盲人のものとされました。

index『厩火事』
今日はこの噺です。噺の中にトウモロコシが出て来るので夏の噺としましたが、その後調べてみると秋の噺と判りましたので、改めて掲載したいと思います。
題名はネタになっている孔子の故事からです。

【原話】
1807年の喜久亭壽暁のネタ帳「滑稽集」に「唐の家事」とありこれが元です。
生粋の江戸落語です。

【ストーリー】
髪結いで生計を立てているお崎の亭主は文字通り「髪結いの亭主」で、怠け者。昼間から遊び酒ばかり呑んでいる年下の亭主とは口喧嘩が絶えません。
 しかし本当に愛想が尽き果てたわけではなく、亭主の心持ちが分からないと仲人のところに相談にやって来ます。
 話を聞いた仲人兄はその昔、孔子が弟子の不手際で秘蔵の白馬を火災で失ったが、そのことを咎めず弟子たちの体を心配し弟子たちの信奉を得たと話と、瀬戸物を大事にするあまり家庭が壊れた麹町の猿(武家)の話しをします。
 そして目の前で夫の大事な瀬戸物を割り、どのように言うかで身の振り方を考えたらどうかとアドバイスをします。帰った彼女は早速実施。
 結果夫は彼女の方を心配します。感動したお崎が「そんなにあたしのことが大事かい?」と質問すると、
「当たり前だ、お前が怪我したら明日から遊んで酒が呑めねえ」


【演者】
三代目小さん師、そして何と言っても八代目文楽師、そして志ん生師などが有名です。
現役では小三治師でしょうか。

【注目点】
やはりお崎さんを可愛く演じられるかでしょうね。
このお崎さん、可愛い女性ですねえ。こんな女房なら”髪結いの亭主”になってみたいですね。

『能書』
文楽師匠の演出を「ちょっと説教クサイ」と言う評論家のかたもいますが、
仲人は本気で心配しているので、あれぐらいで良いと私は思います。本来仲人は夫婦の間に色々な揉め事が起きると間に入って仲裁する役目もあります。
 この噺で気をつけなくてはならないのは、亭主が体を心配するシーンで、お涙ちょうだいのあざとい演出にしている噺家さんがいる事ですね。ここをクサクすると、サゲのからっとした笑いが消えると私は思うのですが・・・如何でしょう?

しかし、この後もこの二人は何とかやって行くんでしょうね。(^^)

『ネタ』
女髪結ですが、寛政の始めの頃に、
日本橋三光新道(桃川のあれです)の下駄屋お政さんが、臨時として頼まれ始めたのが最初と言われています。
後年の文化年間から急速に普及しましたが、風紀が乱れると言われ、天保の改革の頃まで幾度か禁制となったそうです。

sakauta『三味線栗毛』
今日はこの噺です。

『原話』『演者』
原話は不詳で、講釈種と思われます。
円朝師から、四代目円喬師と二代目小円朝に伝承されそれを継いだ戦後の三代目小円朝師や五代目志ん生、二代目円歌師らがよく演じていました。
小圓朝師のは結構良かったですね。
最近では菊之丞師やあのブラック師も演じています。
また、最近は「錦木検校」という別バージョンも喬太郎師などで演じられていますね。

『ストーリー』
父親の大名・酒井雅楽頭(ウタノカミ)に疎まれ、下屋敷で家臣同然の暮らしをしている次男坊の酒井角三郎。彼の下へ療治に呼ばれたのか按摩の錦木。何度か療治に訪れているうちに、角三郎の良き話相手となりますが、その錦木が
「あなたは、侍なら大名になると学者から聞いた骨格をしていらっしゃいますが、殿様の御身内ですか?御家中ですか?」
 と訊きます。角三郎は
「家中だ」
 と嘘をついたものの
「もし、自分が大名になるような事が起きたら、錦木を検校に取り立ててやろう」
 と約束します。
 それから間もなく、錦木は風邪をこじらせ、生死の境をさまようほど長く寝込んでしまい、療治に出られなくなります。
 何とか病から立ち直った日、同じ長屋の住人が錦木にこう告げます。
「あの下屋敷の酒井の若さまが、おやじが隠居、兄貴の与五郎が病身とあって、思いがけなく家を継ぐことになった」
 という話を聞き、飛び上がって布団から跳ね出します。
 早速、今は酒井雅楽頭となって上屋敷に移った角三郎のところに駆けつけます。
「錦木か、懐かしいな。武士に二言はないぞ」
 と、約束通り検校にしてくれました。
 出世した錦木がある日、御殿様の下に御機嫌伺いに参上すると、雅楽頭は
「新たに栗毛の馬を買い、“三味線”と名をつけた。余は酒井雅楽頭である。雅楽(ウタ)が乗るから“三味線じゃ”」
 と洒落ます。錦木は
「殿様が乗りますので“三味線”。して、その御馬に御家来衆が乗りますと?」、
 雅楽頭
「バチ(撥)があたる」


【注目点】
一応これが基本のあらすじですね。
最近は錦木が亡くなってしまったり、約束は戯言だ、と言って雅楽頭の処に行かない演出等がありますが、
私はあざとい演出だと思います。
この噺は力量のある噺家がちゃんとやればかなりの良い噺なのですが、
かなりの数の評論家や落語通から「納得の行く演出を聴いた事がない」
と言われている噺ですが、かの名人の名を欲しいままにした圓喬師は、
角三郎酒井雅楽頭が任官したと聞いて、病み衰えた錦木が病床でサメザメと嬉し泣きすることにあり、
それが観客をも泣かせたという事です。
そこまで感動的なのを聴いてみたいですね。

『能書』
講談と落語の大きな違いは落語は普通の人々を描いている処ですね。
ですから、この錦木も出世欲はあると思いますが、あからさまにするのでは、噺がぶち壊しですし、程度の問題ですね。この辺の演出で感動するか否かが決まるのでは無いでしょうか

『ネタ』
酒井雅楽頭は、譜代の名門中の名門、酒井家の本家で、上野・前橋十二万五千石→播州・姫路十五万石となりまして、大老も出しています。
酒井家の上屋敷は丸の内・大手御門前にありまして、下屋敷は、旧駒込曙町で、現・文京区本駒込一、二丁目でした。

684958c0【ねずみ】
今日はこの噺です。左甚五郎の噺で落語ではおそらく最後の噺になると思われます。

「原話」
三代目三木助師が、浪曲師の広沢菊春師に「加賀の千代」と交換にネタを譲ってもらい、脚色して落語化したものです。
「甚五郎の鼠」の演題で、昭和31年7月に初演しました。
「竹の水仙」「三井の大黒」と並んで甚五郎三部作とも言われています。

「演者」
やはり三代目三木助師でしょうね。最近では歌丸師も得意にしていました。ほかにも多くの演者がいますね。

「ストーリー」
名工・左甚五郎は、十年も江戸・神田橘町の棟梁・政五郎の家に居候の身。
その政五郎が若くして亡くなり、今は二代目を継いだせがれの後見をしています。
 ある年、まだ見ていない奥州・松島を見物しようと、伊達六十二万石のご城下・仙台までやってきました。十二、三の男の子が寄ってきて、ぜひ家に泊まってほしいと頼むので承知すると、
「うちの旅籠は鼠屋(ねずみや)といって小さいが、おじさん、布団がいるなら損料(そんりょう)を払って借りてくるから、二十文前金でほしい」
 と言います。
 なにかわけがありそうだと、子供に教えられた道を行ってみると、宿屋はなるほどみすぼらしくて、掘っ建て小屋同然。前に虎屋という大きな旅籠(はたご)があり、繁盛しています。出てきた主人、
「うちは使用人もいないから、申し訳ないが、そばの広瀬川の川原で足をすすいでほしい」
 と言うから、ますますたまげます。その上、子供が帰ってきて、「
料理ができないから、自分たち親子の分まで入れて寿司を注文してほしい」
 と言い出したので、甚五郎は苦笑して二分渡します。
 それとなく事情を聞くと、このおやじ、卯兵衛(うへえ)といい、もとは前の虎屋のあるじだったが、五年前に女房に先立たれ、女中頭のお紺を後添いにしたのが間違いのもと。
性悪な女で、幼いせがれの卯之吉をいじめた上、番頭の丑蔵と密通し、たまたま七夕の晩に卯兵衛が、二階の客のけんかを止めようとして階段から落ちて足腰が立たなくなり、寝たきりになったのを幸い、親子を前の物置に押し込め、店を乗っ取ったと、いうのです。
 卯兵衛は、しかたなく幼友達の生駒屋(いこまや)の世話になっていたが、子供の卯之吉が健気(けなげ)にも、
「このままでは物乞いと変わらない、おいらがお客を一人でも連れてくるから商売をやろう」
 と訴えるので、物置を二階二間きりの旅籠に改築したが、客の布団も満足にないありさま。
 宿帳から、日本一の彫り物名人と知って卯兵衛は驚くが、同情した甚五郎、一晩部屋にこもって見事な木彫りの鼠をこしらえ、たらいに入れて上から竹網をかけると
「左甚五郎作 福鼠 この鼠をご覧の方は、ぜひ鼠屋にお泊りを」
 と書いて、看板代わりに入口に揚げさせ出発した。
 この看板を見た近在の農民が鼠を手にとると、不思議や、木の鼠がチョロチョロ動く。
 これが評判を呼び、後から後から客が来て、たちまち鼠屋は大繁盛。新しく使用人も雇い、裏の空き地に建て増しするほど。そのうち客から客へ、虎屋の今の主人・丑蔵の悪事の噂が広まり、虎屋は逆にすっかりさびれてしまう。
 丑蔵は怒って、なんとか鼠を動かなくしようと、仙台一の彫刻名人・飯田丹下(いいだ・たんげ)に大金を出して頼み、大きな木の虎を彫ってもらう。
 それを二階に置いて鼠屋の鼠をにらみつけさせると、鼠はビクとも動かなくなった。
 卯兵衛は
「ちくしょう、そこまで」
 と怒った拍子にピンと腰が立ち、江戸の甚五郎に
「あたしの腰が立ちました。鼠の腰が抜けました」
 と手紙を書いた。
 不思議に思った甚五郎、二代目政五郎を伴ってはるばる仙台に駆けつけ、虎屋の虎を見たが、目に恨みが宿り、それほどいい出来とは思われない。そこで鼠を
「あたしはおまえに魂を打ち込んで彫ったつもりだが、あんな虎が恐いかい?」
 としかると
「え、あれ、虎? 猫だと思いました」

「ネタ」
日本橋橘町は現在の東日本橋三丁目で、振袖火事で焼けて築地に移るまで、この町の東側に西本願寺があったそうです。
 その門前の町屋で、立花を売る店が多くあったので、立花町と唱えたのが町名のもとというそうです。このあたりには踊り子(町芸者)の住居が多かった。いわゆる柳橋芸者の発祥の地っでもあります。

e5174115【双蝶々】
(双蝶々雪の子別れ)
今日はこの噺です。夏の噺でも秋の噺でもありませんね。すみません。

「原話」
三遊亭圓朝作と言われていますが、それ以前からあったとも言われます。道具仕立てで演じられました。歌舞伎の同名の話とは違います。

「演者」
一朝老人から教わった圓生師や正蔵師が高座に掛けました。特に正蔵師は道具自仕立てで演じました。他には歌丸氏師も演じています。

「ストーリー」
長い噺なので、大雑把に粗筋を書いてみます。
長吉は幼い頃から悪さばかりしていたため、早くに奉公に出されます。
長吉は生来の小狡さから、奉公先では気が利く者として溶け込みます。
しかし長吉は裏では盗みを働いており、盗みの現場を店の番頭に見られてしまいます。
長吉の盗みを目撃した番頭は店へ戻って長吉の部屋を調べたところ、高価な品が多数出てきたので驚きます。
番頭は帰ってきた長吉を呼びつけ、盗みを働いていることを白状させます。
長吉が盗みを白状するや、番頭は花魁の身請けをするために大金が必要だからと、長吉に店の百両を盗むよう強要すします。

長吉はしかたなく言われた通りに、仮病を使い奥に入り込み、タンスの薬箱ならぬお金を引き抜き、薬をもらって引き下がってきます。
盗んだ金を番頭にむざむざ持っていかれるのが惜しくなり、待ち合せの場所で番頭を殺し、奥州路に逃げようかと独り言を言っているのを小僧の定吉に聞かれてしまいました。
口封じのために、定吉を首を絞めて殺してしまいます。その後番頭との約束の九つの鐘を聞いて逐電してしまいます。

正直・長兵衛夫婦は倅の悪事を知り、世間に顔向けが出来ないと、長屋を引き払って流転の日々を送る日々です。
遂に長兵衛は腰が立たない病になってしまい、内職だけでは病人を養っていけず、お光は内緒で袖乞いをして一文二文の銭を稼ぎ、なんとか食い繋いで生きます。
そこへ、たまたま奥州石巻から父の様子を探しに出てきた長吉の袖を引き、二人はひさびさの対面を果しますす。
長吉は子供の時分、お前に辛く当たったのも親父を取られたように思ったからで、今では申し訳無いと思っているんだ、と話します。
腰の立たない父を見舞い、50両の金を渡し元気で暮らすように言いますが、長兵衛は悪事から手を洗えと言葉を重ねたが、最後は長吉をゆるし、涙ながらに今生の別れを告げます。
長兵衛はもらい物の羽織を渡し、江戸から無事出られるようにと願うのでした。
雪の降る中、後ろ髪を引かれる思いで長屋を去った長吉は、吾妻橋を渡るところでついに追手に取り囲まれ、御用となるのでした。

「注目点」
談志師は生前「長吉」にも感情移入できる余地はある」と語っていました。

「ネタ」
 当時の資料によると、湯島大根畠(文京区2丁目)には陰間茶屋が多かったそうです。(参考までに)

「能書」
 現役では雲助師と弟子の馬石さん、それに正蔵師の芝居噺を受けつだ、正雀師が演じています。
喬太郎師や若手なども演じています

3fa61767【位牌屋】

 今日は久しぶりにこの噺です。最近は余り聴く機会が少なくなりました。
「原話」
元は上方落語「位牌丁稚」が東京に移されたものとみられますが、詳細は不明です。
後半の、位牌を買いに行くくだりの原話は、文政7年刊行の「新作咄土産」中の「律義者」です。

前半は各地のケチの民話や小咄えお取り入れたそうです。
この噺から「しわいや」等が生まれました。

「演者」
昭和以後では、円生師や、三代目小円朝師などが演じました

「ストーリー」
 ケチでは人後に落ちない赤螺屋のだんな。子どもが生まれ、番頭の久兵衛が祝いに来ても、経費がかかるのに何がめでたいと、小言を言います。
八百屋が摘まみ菜を売りに来ると、八貫五百の値段を、八貫を負けて五百で売れと言って怒らせ、
帰ると、こぼれた菜を小僧に拾わせて味噌漉しいっぱいにしてしまい、喜ぶ始末。
芋屋が来ると、イモをただで三本も騙し取ったりという具合です。
 小僧の定吉に、注文しておいた位牌を取りに仏師屋へやります。
それも裸足で行かせ、向こうにいい下駄があったら履いて帰ってこい、と言いつけるものすごさ。その定吉が、先方で、先ほどの芋屋とのやり取りをそっくり真似をして、タバコをくすねたり、下駄を履いて帰ったり、位牌までおまけに貰って来ます。
「こんな小さな位牌、何にするんだ」
「同じオマケなら、なぜ大きいのを分捕ってこない、」
「へー、今度生まれたお坊ちゃんのになさいまし」

「ネタ」
位牌というのは亡くなった人が出た時に作る物ですから、赤ちゃんのにしなさい。とは、赤ちゃんが亡くなる事を言ってる訳で、かなり強烈なブラックユーモアですね。

「能書き」
位牌屋=仏師屋さんですが、東京では稲荷町に並んでいますね。
こう云う仏具は法事や盂蘭盆会、お彼岸等、仏教的行事の時でないと買い替えるてはイケないと言われています。こう云うのって結構大事なんですよ。
そんな事を知ってオチを考えると、少し涼しくなります。

つるつる『つるつる』
暑い日が続いておりますが皆様にはくれぐれもコロナと熱中症にご注意ください!
 さて今日は「つるつる」です。この噺の時期がいつ頃なのかは判りませんが、何となく今頃のような気がします。

『原話』
元の噺としては1827年に発行された「狂歌今昔物語」(全亭正直編)の「ある男女かたらひて炉の穴より通しひし事」だと言われています。これを初代三遊亭円遊師が仕立直し明治22年に演じた「思案の外幇間の当て込み」がこの噺の元と云われています。

『演者』
 八代目桂文楽が、それまで滑稽噺とされてきたこの噺を、幇間の悲哀や、お梅の描写等を加え、得意演目にしました。又志ん生もこの演目を演じており、文楽師とか逆にかなり滑稽味を加えています。

『ストーリー』
幇間の一八が、同じ家にいる芸者のお梅に、嫁に来ないかと口説いたところ、お梅は浮気な考えじゃいやだ。それと一八には悪い癖があって、お酒を飲むと物事がぞろっぺいになって約束をしてもすっぽかしたりする。それがなければお嫁に行ってもいいけど、今晩2時になったら、あたしの部屋に来てちょうだい。ただし少しでも遅れたら、いつもの癖が出たんだと言うことで、この話はなかったことにしましょうと約束をしました。
 その日、旦那が来て、付き合えと言居ます。
一八は約束の時間に戻れないかも知れないので、今日は勘弁して欲しいと言います。
旦那がその訳を聞くと一八は、しぶしぶお梅との約束を話しました。
 旦那が一二時まで、付き合えと言ったので、日頃世話になっている旦那だけに、一八もお供をする事になりました。
 先方の御茶屋で、旦那が何か芸をやればそれを買ってやるからと言ったが、これという芸がないので、酒を湯飲みに一杯飲んだら金を出すといいます。
 一八は、大好きな酒で金がもらえるならと喜んで引き受けたが、何度か飲んでいるうちに酔っぱらって、もう少し飲めと言う旦那に、約束の時間だからと断ってふらふらしながら帰ってきました。
 お梅の部屋に行くには、師匠の寝ている部屋を通って行かなければならないので、灯り取りのさんをはずして、帯をほどき裸になって目隠しをして、折れ釘に帯を結んで捕まりながらゆっくりとおりていけば、師匠にも見つかることはないと安心したら、酔いが出て、寝てしまいます。
 時計のチンチンという音がしたので、帯に捕まりながらおりていくと、下では、今みんなが朝飯を、食べようとしていたところだったので、師匠が
「おい、一八お前、何を寝ぼけているんだ」
「井戸替えの夢を見ました。」

『能書』
 この噺の考えなければならないのは、お梅ちゃんは本気で一八に言ったのか?
という処ですね。
本気で酒さえ呑まなければ良かったのか・・・という処ですが、
一八の職業を考えれば、禁酒は無理ですね。
という事は・・・・・ですね。
それともそれを判って、あえて求婚するなら、本気だろうという考えなのか、
女心は不思議です。
今では井戸も使わ無くなったので、このさげも判り難くなりましたね。

『ネタ』
柳橋の花柳界は天保の改革で営業出来なくなった深川の辰巳芸者が柳橋界隈に流れて来てから盛んになりました。元が辰巳芸者でしたので気っぷが良かったそうです。
 この噺の旦那のモデルは黒門町の実際の旦那だった「ひーさん」こと樋口さんだと言われています。

このページのトップヘ